2012/02/20

記事掲載のご紹介(『看護』3月号)

2021年2月20日、『看護』3月号(日本看護協会発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人至髙会たかせクリニック理事長の髙瀬義昌先生、看護師でTNサクセスコーチング代表取締役の奥山美奈さんとの座談会「『燃えるチーム』のつくり方」に参加させていただきました。


多職種チームのベースには、なにより、共通の価値観やビジョンの共有が必要となります。腕や人柄がどんなによくても、めざす方向が違うと一緒に働くことは困難ですが、逆にそれさえできていれば、自ずと選択肢はみえてきます。


医師の採用や評価についてもお話ししました。当法人の目的は、患者さんを増やし、法人を拡大することではなく、基本理念である「かかわったすべての人を幸せに」を実現することです。患者さんを幸せにするためには、そのご家族や、サポートしているスタッフも幸せを感じてもらう必要があります。各クリニックの院長には外部研修で学んでもらっていることや、離職率や総残業時間等を法人全体の平均と比較し、問題意識をもってもらうようにしていることを説明しました。


ぜひお読みください。

https://www.jnapc.co.jp/products/detail/3861




最新記事

すべて表示

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

2021/3/20

記事掲載のお知らせ(『介護ビジョン』4月号) 2021年3月20日発行の『介護ビジョン』4月号(日本医療企画発行)におきまして、第3回介護ビジョン版介護給付費分科会最終レポート「介護を考えることが新しい社会をつくるカギとなる」が掲載されました。2020年10月、11月に続き、今年2月に開催された最終回での議論が紹介されています。 事務局が提示したシナリオ案は、 A:社会関係資本は構築されており、社

2021/03/19

ウェブ掲載のお知らせ(「がんナビ」) がん情報サイト「がんナビ」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 がんの患者さんでも、40歳以上であれば介護保険による在宅医療を受けることができますが、介護保険の申請には時間を要します。いざというとき慌てなくても済むよう、がんの特徴や、介護保険の申請を考慮すべきタイミングについてお話ししました。 申請の目安としては、体重の

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.