2012/02/20

記事掲載のご紹介(『看護』3月号)

2021年2月20日、『看護』3月号(日本看護協会発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人至髙会たかせクリニック理事長の髙瀬義昌先生、看護師でTNサクセスコーチング代表取締役の奥山美奈さんとの座談会「『燃えるチーム』のつくり方」に参加させていただきました。


多職種チームのベースには、なにより、共通の価値観やビジョンの共有が必要となります。腕や人柄がどんなによくても、めざす方向が違うと一緒に働くことは困難ですが、逆にそれさえできていれば、自ずと選択肢はみえてきます。


医師の採用や評価についてもお話ししました。当法人の目的は、患者さんを増やし、法人を拡大することではなく、基本理念である「かかわったすべての人を幸せに」を実現することです。患者さんを幸せにするためには、そのご家族や、サポートしているスタッフも幸せを感じてもらう必要があります。各クリニックの院長には外部研修で学んでもらっていることや、離職率や総残業時間等を法人全体の平均と比較し、問題意識をもってもらうようにしていることを説明しました。


ぜひお読みください。

https://www.jnapc.co.jp/products/detail/3861




最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利