2019/9/4

記事掲載のお知らせ


Wedge Infinity [Wedge創刊30周年記念インタビュー・新時代に挑む30人]にて、医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長の佐々木淳のインタビュー記事が掲載されました。


当法人は設立から13年が経ち、現在は都内を中心に12カ所のクリニックを持ちます。医師の数は日中が46名、休日夜間の専従チームが26名。患者の状況を全職員が共有する電子カルテも開発し、各地域のかかりつけ医や総合病院、介護施設とも連携を図ってきました。

たとえ病気や障害があっても、その人の強味を最大化する環境を作る医療へ。

当法人の試みが紹介されています。


ぜひご一読ください。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16403?fbclid=IwAR3i7DLYo0R6735ZsPJ8k2bBc_3FwdMX3x6ouygaNIMZrVO5ZX5Dwp1tj9U

最新記事

すべて表示

2021/05/30

政策提言公開(国際)シンポジウム開催のご報告 2021年5月30日、2018年度トヨタ財団国際助成プログラム「認知症に着目して『地域共生社会』を再定義する」の一環として、政策提言公開(国際)シンポジウムを開催いたしました。 日本と同じく高齢化が進む台湾とともに、汎用性の高い持続可能な「地域共生社会」の具体的モデルを提案し、そのモデルが実際に地域で機能するための支援について議論しました。 今回、トヨ

2021/05/26

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第628号) 2021年5月26日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第628号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会(理事長・佐々木淳)が5月1日に開設した3つのクリニックについて、「悠翔会、沖縄に在支診開設 首都圏から在宅医過疎地域へ」としてご紹介いただきました。 超高齢化と医療過疎化が同時に進行する沖縄本島の南部地域に開設した「くくるホーム

2021/05/20

コメント掲載のお知らせ(「Buzz Feed」2021年5月20日) Buzz Feedに掲載された岩永直子さんの記事「感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を~ALS患者に感染させた例も」の中で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳がコメントしています。 5月18日、一般社団法人日本在宅医療連合学会の新型コロナ対応ワーキンググループ委員を務める佐々木と、NPO法人ALS/