2019/05/10

テレビ放映のご案内

韓国のテレビ局SBSの特集番組で、医療法人社団悠翔会の訪問診療の様子が紹介されました。

https://tv.naver.com/v/5480200?fbclid=IwAR1KEj5gV86HTMdlCQDX1D8v_sH_bnmUHft8dd-Yt9H9tXMsQBYn0tX2Z4s


ヨーロッパの高齢化は地方で顕在化していますが、アジアでは大都市部での高齢化が深刻な課題となりつつあります。最近、アジア各国からの視察や取材、講演などで招聘されることが増えたのも、悠翔会の「チーム在宅医療」の取り組みを、大都市型在宅医療の1つのモデルとして関心を持ってくださっているからかもしれません。


韓国も急速な少子高齢化に直面しています。現在の高齢化率は日本の半分くらいですが、今後、高齢化は急速に進行、2065年には日本を追い抜き、世界で最も高齢化率の高い国になると予想されています。


昨年、韓国で最大の発行部数を誇る「朝鮮日報」にて在宅医療が特集され、悠翔会の大都市型在宅医療も大きく取り上げていただきました。当該取材のご縁で佐々木理事長がソウルに招待され、Korea Healthcare Congressで講演させていただきました。そこで、この特集記事以降、韓国でも在宅医療の仕組みづくりが急速に進められ、現在、訪問診療が一部始まっているとのことを教えていただきました。

最新記事

すべて表示

2020/9/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第599号) 2020年9月16日発行の週刊高齢者住宅新聞 第599号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第12回 新型コロナが医療機関にもたらしたもの」が掲載されました。 新型コロナの感染拡大は、医療や介護のあり方にも影響を与えています。多くの病院が発熱

2020/9/16

講演登壇のお知らせ(2020年10月6日) エンシュアリキッド発売25周年を記念して開催されるウェブセミナーにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木がお話をさせていただくことになりました。 高齢者の低栄養に関心を持っていただくべく、在宅医療の現場で日々感じている栄養ケアの重要性とその具体的・実践的な内容をお伝えできたらと思っております。 ぜひ皆様、ご参加いただけましたら幸いです。 ■10月

2020/10/1

記事掲載のご紹介(『潮』10月号) 2020年10月1日発行の『潮』10月号(潮出版社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生の連載「希望・日本」に登場させていただきました。 「人生の『下山』をガイドする」をテーマに、医療施設の“外”で医療崩壊の阻止に貢献する組織として、悠翔会設立からの取り組みをご紹介いただいています。新型コロナについて

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.