2019/05/10

テレビ放映のご案内

韓国のテレビ局SBSの特集番組で、医療法人社団悠翔会の訪問診療の様子が紹介されました。

https://tv.naver.com/v/5480200?fbclid=IwAR1KEj5gV86HTMdlCQDX1D8v_sH_bnmUHft8dd-Yt9H9tXMsQBYn0tX2Z4s


ヨーロッパの高齢化は地方で顕在化していますが、アジアでは大都市部での高齢化が深刻な課題となりつつあります。最近、アジア各国からの視察や取材、講演などで招聘されることが増えたのも、悠翔会の「チーム在宅医療」の取り組みを、大都市型在宅医療の1つのモデルとして関心を持ってくださっているからかもしれません。


韓国も急速な少子高齢化に直面しています。現在の高齢化率は日本の半分くらいですが、今後、高齢化は急速に進行、2065年には日本を追い抜き、世界で最も高齢化率の高い国になると予想されています。


昨年、韓国で最大の発行部数を誇る「朝鮮日報」にて在宅医療が特集され、悠翔会の大都市型在宅医療も大きく取り上げていただきました。当該取材のご縁で佐々木理事長がソウルに招待され、Korea Healthcare Congressで講演させていただきました。そこで、この特集記事以降、韓国でも在宅医療の仕組みづくりが急速に進められ、現在、訪問診療が一部始まっているとのことを教えていただきました。

最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.