2019/11/21

講演のご報告

2019年11月21日、鶴見川崎ケアサークルManabeeにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、【みんなで決めるこれからのことーアドバンスケアプランニング(ACP)ー】のタイトルで講演させていただきました。


納得できる最期を迎えるために、①治らないという現実を受容する、②最期まで生活や人生を諦めない、③苦痛の緩和は確実に行うことが大切ですが、どこで医療を卒業するかという視点も重要です。

また、人生の最終段階のみならず、元気なときから、自分にとって大切な価値観は何なのかを、信頼する人と共有しておくこと

元気なときと人生の最終段階に近づいたときに考える優先順位は違うものかもしれません。その思いは揺らぐものであることを理解しつつ、その人らしさを共有できるような信頼関係を築いていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

2020/9/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第599号) 2020年9月16日発行の週刊高齢者住宅新聞 第599号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第12回 新型コロナが医療機関にもたらしたもの」が掲載されました。 新型コロナの感染拡大は、医療や介護のあり方にも影響を与えています。多くの病院が発熱

2020/9/16

講演登壇のお知らせ(2020年10月6日) エンシュアリキッド発売25周年を記念して開催されるウェブセミナーにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木がお話をさせていただくことになりました。 高齢者の低栄養に関心を持っていただくべく、在宅医療の現場で日々感じている栄養ケアの重要性とその具体的・実践的な内容をお伝えできたらと思っております。 ぜひ皆様、ご参加いただけましたら幸いです。 ■10月

2020/10/1

記事掲載のご紹介(『潮』10月号) 2020年10月1日発行の『潮』10月号(潮出版社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生の連載「希望・日本」に登場させていただきました。 「人生の『下山』をガイドする」をテーマに、医療施設の“外”で医療崩壊の阻止に貢献する組織として、悠翔会設立からの取り組みをご紹介いただいています。新型コロナについて

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.