2019/11/21

講演のご報告

2019年11月21日、鶴見川崎ケアサークルManabeeにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、【みんなで決めるこれからのことーアドバンスケアプランニング(ACP)ー】のタイトルで講演させていただきました。


納得できる最期を迎えるために、①治らないという現実を受容する、②最期まで生活や人生を諦めない、③苦痛の緩和は確実に行うことが大切ですが、どこで医療を卒業するかという視点も重要です。

また、人生の最終段階のみならず、元気なときから、自分にとって大切な価値観は何なのかを、信頼する人と共有しておくこと

元気なときと人生の最終段階に近づいたときに考える優先順位は違うものかもしれません。その思いは揺らぐものであることを理解しつつ、その人らしさを共有できるような信頼関係を築いていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利