2019/11/21

講演のご報告

2019年11月21日、鶴見川崎ケアサークルManabeeにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、【みんなで決めるこれからのことーアドバンスケアプランニング(ACP)ー】のタイトルで講演させていただきました。


納得できる最期を迎えるために、①治らないという現実を受容する、②最期まで生活や人生を諦めない、③苦痛の緩和は確実に行うことが大切ですが、どこで医療を卒業するかという視点も重要です。

また、人生の最終段階のみならず、元気なときから、自分にとって大切な価値観は何なのかを、信頼する人と共有しておくこと

元気なときと人生の最終段階に近づいたときに考える優先順位は違うものかもしれません。その思いは揺らぐものであることを理解しつつ、その人らしさを共有できるような信頼関係を築いていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.