2019/12/5

悠翔会グループ全体ミーティングのご報告

2019年11月22日、悠翔会グループ職員全員参加の全体ミーティングを開催いたしました。

今回は、理事長の佐々木が法人設立にいたった経緯とともに、理念を改めて共有しました。

グループワークでは‟価値観やビジョンを体現できたと思えること“、価値観である‟患者さんのニーズを最優先する“とはどういうことか、ビジョンである‟最高のチーム在宅医療”とはどういう状態か、について話し合いました。

理念と価値観を共有し、一枚岩の組織を目指していきたいと思います。


最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/20

「homis Nursee」が専門紙で紹介されました 2021年4月20日、『九州医事新報・中四国・関西医事新報・東海関東医事新報』(九州医事新報社発行)におきまして、株式会社ヒューマンライフ・マネジメントが開発・販売する訪問看護記録システム「homis Nursee」が紹介されました。 「homis Nursee」は、訪問看護記録を起点に、スタッフ間の信頼・連帯感を高め、効果的な人材育成をサポー

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人