2019/12/5

悠翔会グループ全体ミーティングのご報告

2019年11月22日、悠翔会グループ職員全員参加の全体ミーティングを開催いたしました。

今回は、理事長の佐々木が法人設立にいたった経緯とともに、理念を改めて共有しました。

グループワークでは‟価値観やビジョンを体現できたと思えること“、価値観である‟患者さんのニーズを最優先する“とはどういうことか、ビジョンである‟最高のチーム在宅医療”とはどういう状態か、について話し合いました。

理念と価値観を共有し、一枚岩の組織を目指していきたいと思います。


最新記事

すべて表示

2021/07/21

クラウド型電子カルテ「homis」とクロスログ株式会社の提供する在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」API連携実現のお知らせ 株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、開発・販売を行うクラウド型電子カルテ「homis」におきまして、在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を提供するクロスログ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮原 智新)とAPI連携を実現致し

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)