2020/1/15

講演のご報告

2020年1月11日、足立区区民フォーラム「医療&介護カフェAdachi」にて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳と管理栄養士の林裕子が登壇させて頂きました。


今回のテーマは【住み慣れた家で最期まで悔いを残さない「看取り」を!~学び、つながり、笑顔で生ききる~】

23回目の開催となった医療&介護カフェAdachi、地域の方々が100名ほど参加してくださいました。


前半は佐々木から『最期まで自分らしく生き切るために〜みんなで決めるこれからのこと〜』のタイトルで講演。超高齢化に伴い、治らない病気や障害ともに生きる期間が長くなるなかで、わたしたちはどのような準備をしておけばよいのかについてお話いたしました。

後半は、フリーアナウンサーの町亜聖さんのファシリテートのもと、看取りを経験されたご家族、西村直之さん(株式会社Grace代表取締役)、古川麻美さん(株式会社Grace訪問看護ステーションブロッサム管理者)、佐々木と林で、『在宅療養生活を支える』のテーマでディスカッションいたしました。

ご家族のご経験や、在宅での印象的なエピソードを共有するとともに、人生の最終段階において重要な位置を占める「食」の部分、美味しく食べる喜びについても触れました。林からは、最期までおいしく食べることを支える取り組みとして、悠翔会でも行っている訪問栄養指導についてご紹介いたしました。


日本人の7割ができれば在宅で最期を迎えたいと望んでいるのに、実際には8割の方が病院で亡くなっているという現状。在宅医療に携わる立場からそのギャップを埋められるよう、地域の方々と一緒に最期まで安心して暮らせる地域づくりができればと思っております。





最新記事

すべて表示

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

2020/11/06

シンボルマーク刷新のお知らせ 株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、医療法人社団悠翔会の診療をサポートしております。 医療法人社団悠翔会のシンボルマークが14年ぶりに少し新しくなりました! ちなみに悠翔会の創設以来、走り続けている彼の名前は「ゆうと君」です。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.