2020/3/20

記事掲載のご紹介(『ヘルスケア・レストラン』2020年3月号・4月号)

『ヘルスケア・レストラン』(日本医療企画発行)2020年3月号および4月号掲載の「病院・施設の栄養サポートおやつ」に、医療法人社団悠翔会の管理栄養士・林裕子によるレシピとコメントを掲載していただきました。


「エネルギーアップ」をテーマに、3月号では「生フレンチトースト~杏仁豆腐風味~」を、4月号では「抹茶ムース」をご紹介しています。


「生フレンチトースト」は、溶かした杏仁豆腐にデニッシュ食パンを浸すことで、パサつかずしっとりとした仕上がりになります。経口摂取が可能な方に少量で高エネルギーなおやつを食べていただきたいと考案しました。「抹茶ムース」は、ミルク風味の栄養調製ゼリー、水、抹茶を混ぜるだけで手軽につくることができ、嚥下機能やお好みに合わせて使い分けていただけるレシピです。


ぜひご一読ください。

http://www.jmp.co.jp/restaurant/new/







最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利