2020/3/3

記事掲載のお知らせ

「おはよう21」2020年4月号(中央法規出版発行)、連載【高齢者の病気と薬の基礎知識】にて、悠翔会在宅クリニック北千住の松本真一医師が「眼科疾患」について、執筆させていただきました。


高齢者の代表的な眼科疾患である白内障・緑内障・眼部帯状疱疹・結膜下出血を取り上げ、症状・治療法・ケアの注意点について解説いたしました。


眼科疾患は多くの場合、早期発見・早期治療が重要となります。

利用者さんが眼の症状で困っているかもしれないということは、普段から生活をしっかりみている介護職の皆さんだからこそ、早期に気づける点かもしれません。

小さな変化に気づき、その症状を聞き出し、ぜひ医療職へ伝えていただけたらと思います。それが、利用者さんにとって大きなメリットになります。


是非ご一読ください♪

https://www.chuohoki.co.jp/magazines/ohayou21/about/


※連載について※

医療法人社団悠翔会の医師がリレー形式にて、みよの台薬局の河井伸朗氏とともに、高齢者によくみられる疾患について、症状や原因、治療法、主な治療薬を解説します。




最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.