2020/3/3

記事掲載のお知らせ

「CKD診療 現場の33学問」Gノート増刊号(羊土社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、【透析を行わなかった患者・家族の治療に関する満足度はどうですか?腎臓専門医からかかりつけ医へのギモン】のタイトルで執筆させていただきました。


高齢化が進む透析患者さんの現状を踏まえ、在宅医療現場における実際の対応について、意思決定支援や緩和ケアを中心にまとめました。また、当法人で在宅医療の質の評価として設定している3つのKPI(急変を減らす、入院を減らす、自宅で看取る)などについても触れております。


本特集では、かかりつけ医が悩んでいるCKD診療の疑問に対し、腎臓専門医はもちろん、管理栄養士・理学療法士など、各分野のスペシャリストがわかりやすくお答えしています。


ぜひご一読下さい。

https://www.yodosha.co.jp/yodobook/book/9784758123440




最新記事

すべて表示

2020/9/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第599号) 2020年9月16日発行の週刊高齢者住宅新聞 第599号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第12回 新型コロナが医療機関にもたらしたもの」が掲載されました。 新型コロナの感染拡大は、医療や介護のあり方にも影響を与えています。多くの病院が発熱

2020/9/16

講演登壇のお知らせ(2020年10月6日) エンシュアリキッド発売25周年を記念して開催されるウェブセミナーにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木がお話をさせていただくことになりました。 高齢者の低栄養に関心を持っていただくべく、在宅医療の現場で日々感じている栄養ケアの重要性とその具体的・実践的な内容をお伝えできたらと思っております。 ぜひ皆様、ご参加いただけましたら幸いです。 ■10月

2020/10/1

記事掲載のご紹介(『潮』10月号) 2020年10月1日発行の『潮』10月号(潮出版社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生の連載「希望・日本」に登場させていただきました。 「人生の『下山』をガイドする」をテーマに、医療施設の“外”で医療崩壊の阻止に貢献する組織として、悠翔会設立からの取り組みをご紹介いただいています。新型コロナについて

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.