2020/5/12

記事掲載のお知らせ(「ロイター通信 WORLD NEWS」5月12日)

2020年5月12日、ロイター通信 WORLD NEWSに、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。


在宅高齢者は脆弱であり、新型コロナ感染により重症化・死亡のリスクが高いこと、それを支えるケアの現場は人材不足が常態化しており、介護職の感染によりケア提供体制が崩壊するリスクが高いこと、感染から守るための隔離ケアが高齢者の身体機能や認知機能に悪影響を及ぼしつつあることなどをお伝えしました。


PCR検査が十分でないという記事中の記載は、「(感染拡大防止の視点からより重点的に感染チェックを行うべき)介護職に対してPCR検査を十分に実施できておらず、その計画もない」ということに対するコメントであることは申し添えておきます。


先日、NHKでご一緒した結城先生からも今後介護職の不足が顕在化していき、サービス提供の継続が難しくなるであろうというコメントが寄せられています。


“The caregiver industry is barely hanging on as it is, and with even only one person off, then it just won’t be possible to care for everybody,” said Jun Sasaki, a doctor and the head of Yushokai Medical Corporation, a care provider company. “The elderly are very delicate, and any kind of change in their environment can affect them.”


In January, the number of care jobs per applicant was 3.95. The law mandates 1 carer to 3 residents - though the Health Ministry said in February that since shortfalls due to the virus could be expected, facilities could temporarily “respond flexibly.”


About 60 of Japan’s 624 coronavirus-related deaths as of May 10 were in care homes, public broadcaster NHK said.


ISOLATED RESIDENTS

About 6.7 million Japanese need care and roughly 1 million of them are in homes, according to government data. That compares with 1.2 million in the United States, which has more than twice the population. The United States is also younger, with only 16% over 65.


Many homes have suspended group games and exercises because of the outbreak, and most have banned family since early March. That can take both a mental and physical toll on residents.


One man wandered his care home, searching for his family, Sasaki said. Another woman became convinced her daughter had died and began preparing for her funeral, Yoshimu recalled.


Workers must self-quarantine for two weeks if they or family members have a fever, and wear masks while working, which can frighten some residents. Japan does little testing relative to other developed countries, and there is no plan to test all care workers, the Health Ministry said.


“If we get to June, July, August with this, staff numbers will keep going down and we won’t be able to deliver services,” Yasuhiro Yuki, a professor in social welfare studies at Shukutoku University. “There could be a whole breakdown of elder care.”


https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-japan-elderly/in-japans-elder-care-homes-coronavirus-tests-limits-of-overstretched-staff-idUSKBN22O0T8?fbclid=IwAR3CYfKrlTQ4QipN4ChXxBv2B3sLiPa1S5Bxn4-rHMwQuPVAjGaMDykP_LE

最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.