2020/5/19

インタビュー記事掲載のご紹介(「ヨガジェネレーション」5月19日)

2020年5月19日、「ヨガジェネレーション」におきまして、医療法人社団悠翔会精神科医・中野輝基の取材記事「現役医師 中野輝基、中野陽子 多様性に根ざしたヨガが、人と社会を元気にする」が掲載されました。


中野は、妻である麻酔科医・中野陽子氏とともに「MEDCAYEYOGA」(メドケアヨガ)というプロジェクトを立ち上げ、ヨガスタジオへ行くことが困難な高齢者や障害者、その介護者に向けたヨガや健康教育を行うほか、コミュニティづくりにも取り組んでいます。


障害の有無や身体能力の違い、社会的背景にかかわらず、さまざまな理由により現在ヨガを体験することができない人々にヨガを提供する「アクセシブルヨガ®」について、健康を自己管理することの限度、多くの人の孤独感を減らすことが全体の健康寿命の底上げにつながることなどを説明し、多様な人がつながれるコミュニティを形成する重要性を指摘しています。


ぜひご一読ください。

https://www.yoga-gene.com/post-36647/?fbclid=IwAR2pUSFjZHCcvev3pjHW5WD9iLlU0k51454yiSkSfGPYpPVG9WYpWqCHU94


最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利