2020/5/21

記事掲載のご紹介(「Forbes JAPAN」5月21日)

医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳も発起人として参加させていただいている「新型コロナウイルス拡大防止活動基金」。クラウドファンディングにて3億円を超える寄附金が寄せられています。2020年5月21日、Forbes Japanの紹介記事に、佐々木のコメントも紹介されました。


コロナとの持久戦をよりスマートに戦い抜くために、日本の頭脳とも呼ぶべき方々と、助成先選考をさせていただいております。


助成対象も引き続き募集中です。

ぜひ基金のウェブサイトもご参照ください。

https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund


ーーー


選考に立ち会った、在宅医療が専門の佐々木淳医師(『GW、離れて暮らす高齢の家族のためにできること』『「患者満足度」最下位の日本で「臨終」に希望を見た男』など参照)は「誰がお金を出すのかわからないが、誰かがやらないといけないという仕事に資金を提供することができるという点で、この基金はとても貴重だ」と話す。


例えば、第1期で選ばれた日本救急医学会新型コロナウイルス対応タスクフォースによる活動。N95マスクなどこれまで海外からの輸入に頼っていた医療資材について、需要の減少で工場に余力のある中小製造業者と協力し、開発に取り組む。緊急支援の対象にはなりにくいが、長期的な視点での意義は大きい。


第1期では、医療機関や福祉施設、育児施設へマスクを配布する団体などが重点的に選ばれた。第2期では、より裾野を広げて医療機関や緊急対応をしている「支援者の支援」、社会的マイノリティや教育支援などを行う16団体に計7343万3356円が助成された。


新型コロナウイルス危機では、今までになかったさまざまな社会課題が起きている。佐々木医師は、医療現場に資材を安定供給するサポートは引き続き必要だとしながらも、さまざまな課題に新しいアプローチで挑戦する人をみんなで支援することも大切だと指摘する。


https://forbesjapan.com/articles/detail/34599/1/1/1


最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.