2020/5/27

記事掲載のご紹介(『週刊高齢者住宅新聞』第585号)

2020年5月27日、週刊高齢者住宅新聞 第585号(高齢者住宅新聞社発行)に掲載された記事「フレイル予防教材 無償で―リクシス― 高齢の家族を持つ現役世代へ」に、株式会社リクシスの「LCAT」システムの監修を務める医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳がコメントいたしました。


従業員の仕事と介護の両立を支援するクラウドサービス「LCAT」を法人向けに提供している同社は、5月19日、2020年6月30日までの期間限定で、「高齢者の『健康寿命』を延ばすには」をテーマに、従業員用の自主学習コンテンツの一部を無償提供すると発表しました(注:利用申し込みは終了しています)。


佐々木は、「社会的な交流の遮断は高齢者の認知機能低下を招く要因となる」として、「コンテンツの利用で、感染予防と高齢者の認知機能低下の予防を両立できる」と指摘しています。


ぜひご一読下さい。

https://www.koureisha-jutaku.com/







最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.