2020/5/27

記事掲載のお知らせ(『おはよう21』2020年7月号)

『おはよう21』2020年7月号(中央法規出版発行)、連載【高齢者の病気と薬の基礎知識】にて、7月開院予定の悠翔会在宅クリニック船橋院長の稲次忠介が、「パーキンソン病」について執筆させていただきました。


手足が震え、歩いたり、動いたりする動作が鈍くなるパーキンソン病は、若年より高齢者に多くみられる疾患です。進行するにつれてさまざまな症状が現れ、自宅内での生活も自立が困難となるため、家族や介護者との関係性が壊れないよう、信頼できる医師と関係を構築し、治療していくことが大切となります。症状や種類、原因、治療法などについてまとめました。

住宅環境の整備、睡眠、更衣・食事・排泄についてのケアのポイントも紹介しています。


是非ご一読ください。

https://www.chuohoki.co.jp/magazines/ohayou21/about/


※連載について※

医療法人社団悠翔会の医師がリレー形式にて、みよの台薬局の河井伸朗氏とともに、高齢者によくみられる疾患について、症状や原因、治療法、主な治療薬を解説します。






最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で