2020/5/28

オンラインイベント登壇のご報告

2020年5月28日、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金オンラインイベント「新型コロナウイルス最前線、今必要な支援とは」にて、米良はるかさん(READYFOR代表取締役CEO)のモデレートのもと、小坂健先生(東北大学教授)、原田奈穂子先生(宮崎大学医学部精神看護学領域教授)とともに、日本の新型コロナを取り巻く「今」について、お話しいたしました。


4月3日に立ち上がった同基金に、佐々木も発起人の一人として参加させていただいています。これまでに総額5億3000万円以上を集め、すでに第1期・第2期の助成先を決定しました。


今回のコロナ禍では、規模の大きい病院などには支援が届きやすく、規模の小さい地域の施設などには支援が届きにくい状況がありました。

しかし、“最後の砦”となる急性期病院の機能を維持するためには、まずは“最前線”である私たちの身近な地域から感染を食い止める必要があります。第二波が来るまでの間に、必要なところに必要な資材がきちんと届く状況をつくることが大切です。


新型コロナが顕在化した社会の課題によって、私たちは、これまで見えていなかった社会の多様性に気づくことができました。withコロナ時代に適応した新しい社会に向け、みんなの力を合わせていければと思います。


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

助成対象も引き続き募集中です。

https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund






最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.