2020/5/30

講演のご報告(福島県訪問看護連絡協議会)

2020年5月30日、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、福島県訪問看護連絡協議会主催「FLAN web講演会」にて、「新型コロナ時代の在宅医療・訪問看護のかたちを考える」をテーマにお話しさせていただきました。


新型コロナとの闘いにおいて病院は“最後の砦”であり、“最前線”は地域であることを前提に、在宅医療と介護に求められる、「生命を守る」「生活を守る」「尊厳を守る」という3つの防衛線について説明しました。


「生命を守る」については、相手が新型コロナに感染していたとしても濃厚接触にならないための、ユニバーサルプリコーションの徹底が最も大切となります。「尊厳を守る」については、今後感染した患者の自宅療養を支援する場合、緩和医療の提供が不可欠であることも述べました。介護施設でのアウトブレイク発生に備え、地域内はもちろんのこと、地域を超えた連携体制を考えておくことが重要です。


ご参加いただいた福島県訪問看護連絡協議会のみなさま、ありがとうございました。







最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.