2020/6/24

記事掲載のご紹介(『週刊高齢者住宅新聞』第589号

2020年6月24日、週刊高齢者住宅新聞 第589号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、悠翔会在宅クリニック川崎院長の宮原光興のインタビュー記事「在宅診療でPOCUS活用 悠翔会 短時間で効率良く検査」が掲載されました。


悠翔会在宅クリニック川崎では、限られた時間内で適切な検査ができるよう超音波診断装置による検査法(Point of Care Ultrasound;POCUS)を導入しています。

特に、高齢者では排泄に問題を抱えた方が多いため、便の硬さや便秘を可視化したいとき、腹痛や息苦しさを訴えたときにエコー検査をし、適切なケアにつなげています。

また、診察時の画像を保存でき、訪問看護師や患者さんご家族とも簡単に情報共有できることも利点です。


新型コロナウイルスの影響で、通院の判断に慎重にならざるを得ない状況が続いています。在宅でも日ごろからの健康管理がより大切になると感じます。今後も適切な医療を提供できるよう、一層注力して参ります。


ぜひご一読下さい。

https://www.koureisha-jutaku.com/





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.