2020/6/3

「グレートカンパニーアワード2020」大賞受賞のご報告

株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、医療法人社団悠翔会の診療をサポートしております。この度、医療法人社団悠翔会は、一般社団法人船井財団(以下、船井財団)が主催する「グレートカンパニーアワード2020」にて、9,000社を超える選考対象から特に優れた企業として「グレートカンパニー大賞」を受賞いたしました。


「グレートカンパニー」とは、社会的価値の高い理念のもと、その「企業らしさ」を感じさせる独自のビジネスモデルを磨き上げ、その結果、持続成長を続ける会社のこと。そして、社員も顧客も誇りをもつような独自のカルチャーが形成されている企業、と定義されています。


当法人は、24時間365日対応、診療報酬点数、評価方法といった難度の高い社会課題に対し、診療品質の向上に取り組む一方、実効性のある施策を次々と展開していることなどが評価され、2018年の「グレートカンパニー特別賞」に続く受賞となりました。


わたしたちは、自分たちを「人を幸せにするための人間集団」であると定義し、「かかわったすべての人を幸せに」を基本理念としています。在宅医療という道具を用いて、超高齢化・重老齢化していく首都圏を安心して暮らし続けられる地域にしていきたい。そのために、これからも「患者さんのニーズが最優先」という価値観を共有しながら、持続的に成長し、首都圏で最高の「チーム在宅医療」を目指します。


日ごろから支えて下さる方々に、心から感謝申し上げます。


今後、同財団ウェブサイトにて受賞・ノミネート各企業の活動が紹介されます。

是非ご覧ください。


船井財団プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000057953.html


船井財団オフィシャルサイト

https://funaifound.or.jp/





最新記事

すべて表示

2021/05/30

政策提言公開(国際)シンポジウム開催のご報告 2021年5月30日、2018年度トヨタ財団国際助成プログラム「認知症に着目して『地域共生社会』を再定義する」の一環として、政策提言公開(国際)シンポジウムを開催いたしました。 日本と同じく高齢化が進む台湾とともに、汎用性の高い持続可能な「地域共生社会」の具体的モデルを提案し、そのモデルが実際に地域で機能するための支援について議論しました。 今回、トヨ

2021/05/26

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第628号) 2021年5月26日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第628号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会(理事長・佐々木淳)が5月1日に開設した3つのクリニックについて、「悠翔会、沖縄に在支診開設 首都圏から在宅医過疎地域へ」としてご紹介いただきました。 超高齢化と医療過疎化が同時に進行する沖縄本島の南部地域に開設した「くくるホーム

2021/05/20

コメント掲載のお知らせ(「Buzz Feed」2021年5月20日) Buzz Feedに掲載された岩永直子さんの記事「感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を~ALS患者に感染させた例も」の中で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳がコメントしています。 5月18日、一般社団法人日本在宅医療連合学会の新型コロナ対応ワーキンググループ委員を務める佐々木と、NPO法人ALS/