2020/6/3

「グレートカンパニーアワード2020」大賞受賞のご報告

株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、医療法人社団悠翔会の診療をサポートしております。この度、医療法人社団悠翔会は、一般社団法人船井財団(以下、船井財団)が主催する「グレートカンパニーアワード2020」にて、9,000社を超える選考対象から特に優れた企業として「グレートカンパニー大賞」を受賞いたしました。


「グレートカンパニー」とは、社会的価値の高い理念のもと、その「企業らしさ」を感じさせる独自のビジネスモデルを磨き上げ、その結果、持続成長を続ける会社のこと。そして、社員も顧客も誇りをもつような独自のカルチャーが形成されている企業、と定義されています。


当法人は、24時間365日対応、診療報酬点数、評価方法といった難度の高い社会課題に対し、診療品質の向上に取り組む一方、実効性のある施策を次々と展開していることなどが評価され、2018年の「グレートカンパニー特別賞」に続く受賞となりました。


わたしたちは、自分たちを「人を幸せにするための人間集団」であると定義し、「かかわったすべての人を幸せに」を基本理念としています。在宅医療という道具を用いて、超高齢化・重老齢化していく首都圏を安心して暮らし続けられる地域にしていきたい。そのために、これからも「患者さんのニーズが最優先」という価値観を共有しながら、持続的に成長し、首都圏で最高の「チーム在宅医療」を目指します。


日ごろから支えて下さる方々に、心から感謝申し上げます。


今後、同財団ウェブサイトにて受賞・ノミネート各企業の活動が紹介されます。

是非ご覧ください。


船井財団プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000057953.html


船井財団オフィシャルサイト

https://funaifound.or.jp/





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.