2020/6/4

記事掲載のお知らせ(「BuzzFeed」6月4日)

2020年6月4日、BuzzFeedにて、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳も発起人の一人として参加させていただいている、「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の活動について、5月28日に開催したシンポジウムを中心にご紹介いただきました。


新型コロナの感染拡大を食い止めようと医療や福祉の専門家有志が設立した同基金には、6月4日までに5億4000万円が集まっています。シンポジウムでは、現在、どのような支援が必要とされているのか、基金の運営者と助成団体が共に考えました。


急性期の病院は最後の砦であり、最前線は地域であると考え、地域で感染予防、拡大防止、自宅や地域でのケアの体制をつくることが重要です。新型コロナを“正しく”恐れながら、上手に付き合っていく方法を啓発していきたいと考えています。


ぜひご一読ください。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-kikin-symposium?fbclid=IwAR2RRAC6ofPsokBSEs6dGBLgPBBd87gDOdyPghylSw3q_V2fyF3fm6aenew

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利