2020/7/15

記事掲載のご紹介(『朝日新聞』7月15日朝刊)

2020年7月15日、『朝日新聞』朝刊におきまして、日本在宅医療連合学会によるCOVID-19に関する調査について、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが掲載されました。


調査では、学会に所属する医師の約9割にあたる2443人を対象に、COVID-19の在宅医療への影響を評価するためのアンケートを実施し、2~5月の4カ月間の状況を聞きました。回答のあった316人(施設)のうち、16%にあたる51施設で医師・職員の感染または濃厚接触があったこと、82%で個人防護具が不足していたこと、職員の生活上の不利益があったことなどが紹介されています。


次の流行時には、病院と地域が役割分担をし、地域や介護施設でも患者を診ていく必要があることをお話ししました。


アンケート調査の詳細については、在宅医療連合学会のウェブサイトをご覧ください。

https://www.jahcm.org/assets/images/pdf/20200617questionnaire.pdf?fbclid=IwAR2wR6yisk-9z3NZh1fxxFOBWfkgpwU9d3AlCjt6ta6krROjPTt4gHgDNio


朝日新聞のデジタル版でもご覧いただけます。

ぜひご一読下さい。

https://www.asahi.com/articles/ASN7F6HM0N6XULZU004.html






最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.