2020/7/15

記事掲載のご紹介(『朝日新聞』7月15日朝刊)

2020年7月15日、『朝日新聞』朝刊におきまして、日本在宅医療連合学会によるCOVID-19に関する調査について、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが掲載されました。


調査では、学会に所属する医師の約9割にあたる2443人を対象に、COVID-19の在宅医療への影響を評価するためのアンケートを実施し、2~5月の4カ月間の状況を聞きました。回答のあった316人(施設)のうち、16%にあたる51施設で医師・職員の感染または濃厚接触があったこと、82%で個人防護具が不足していたこと、職員の生活上の不利益があったことなどが紹介されています。


次の流行時には、病院と地域が役割分担をし、地域や介護施設でも患者を診ていく必要があることをお話ししました。


アンケート調査の詳細については、在宅医療連合学会のウェブサイトをご覧ください。

https://www.jahcm.org/assets/images/pdf/20200617questionnaire.pdf?fbclid=IwAR2wR6yisk-9z3NZh1fxxFOBWfkgpwU9d3AlCjt6ta6krROjPTt4gHgDNio


朝日新聞のデジタル版でもご覧いただけます。

ぜひご一読下さい。

https://www.asahi.com/articles/ASN7F6HM0N6XULZU004.html






最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.