2020/7/15

記事掲載のご紹介(『朝日新聞』7月15日朝刊)

2020年7月15日、『朝日新聞』朝刊におきまして、日本在宅医療連合学会によるCOVID-19に関する調査について、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが掲載されました。


調査では、学会に所属する医師の約9割にあたる2443人を対象に、COVID-19の在宅医療への影響を評価するためのアンケートを実施し、2~5月の4カ月間の状況を聞きました。回答のあった316人(施設)のうち、16%にあたる51施設で医師・職員の感染または濃厚接触があったこと、82%で個人防護具が不足していたこと、職員の生活上の不利益があったことなどが紹介されています。


次の流行時には、病院と地域が役割分担をし、地域や介護施設でも患者を診ていく必要があることをお話ししました。


アンケート調査の詳細については、在宅医療連合学会のウェブサイトをご覧ください。

https://www.jahcm.org/assets/images/pdf/20200617questionnaire.pdf?fbclid=IwAR2wR6yisk-9z3NZh1fxxFOBWfkgpwU9d3AlCjt6ta6krROjPTt4gHgDNio


朝日新聞のデジタル版でもご覧いただけます。

ぜひご一読下さい。

https://www.asahi.com/articles/ASN7F6HM0N6XULZU004.html






最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利