2020/7/21

WEBセミナーのご案内(7月31日開催)

2020年7月31日、ナースの星WEBセミナー「排泄(排尿・排便)エコーが看護の現場を変える!」に、悠翔会在宅クリニック川崎院長の宮原光興が登壇いたします。在宅医の立場から、便秘評価におけるエコーの活用、便秘の原因の一つであるポリファーマシーへの取り組み、在宅医療、在宅看護の社会的意義についてお話しさせていただきました。


開催日・配信時間:2020年7月31日(金)、11:30〜23:00

申し込み締め切り:2020年7月30日(木)

動画再生時間:約75分

費用:無料

定員:5,000名(先着順)

対象:看護師、訪問看護師、在宅支援診療所看護師など

視聴環境:スマホ、PCからのWEBアクセス

内容:

〈第1部〉

『在宅で排泄エコーを使う意義、在宅医の立場から〜医師と看護師の連携など』

演者/悠翔会在宅クリニック川崎院長 宮原光興

〈第2部〉

『排泄エコーが看護の現場を変える!〜エコーを使えば排泄ケアが変わる』

演者/東葛クリニック病院看護部 特定看護師(創傷管理分野) 皮膚・排泄ケア認定看護師 浦田克美氏


お申し込みは以下からとなります。ぜひご聴講ください♪

https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7620830964297056&EventCode=6435227626






最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.