2020/7/21

WEBセミナーのご案内(7月31日開催)

2020年7月31日、ナースの星WEBセミナー「排泄(排尿・排便)エコーが看護の現場を変える!」に、悠翔会在宅クリニック川崎院長の宮原光興が登壇いたします。在宅医の立場から、便秘評価におけるエコーの活用、便秘の原因の一つであるポリファーマシーへの取り組み、在宅医療、在宅看護の社会的意義についてお話しさせていただきました。


開催日・配信時間:2020年7月31日(金)、11:30〜23:00

申し込み締め切り:2020年7月30日(木)

動画再生時間:約75分

費用:無料

定員:5,000名(先着順)

対象:看護師、訪問看護師、在宅支援診療所看護師など

視聴環境:スマホ、PCからのWEBアクセス

内容:

〈第1部〉

『在宅で排泄エコーを使う意義、在宅医の立場から〜医師と看護師の連携など』

演者/悠翔会在宅クリニック川崎院長 宮原光興

〈第2部〉

『排泄エコーが看護の現場を変える!〜エコーを使えば排泄ケアが変わる』

演者/東葛クリニック病院看護部 特定看護師(創傷管理分野) 皮膚・排泄ケア認定看護師 浦田克美氏


お申し込みは以下からとなります。ぜひご聴講ください♪

https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=7620830964297056&EventCode=6435227626






最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.