2020/7/6

書評掲載のご紹介(『緩和ケアレジデントの鉄則』)

『週刊医学界新聞』第3378号(医学書院発行)におきまして、『緩和ケアレジデントの鉄則』の書評を、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が書かせていただきました。


同書は、緩和ケアをもっと専門的に学びたいという声の高まりを受け、2016年発行の『緩和ケアレジデントマニュアル』の“次の教科書”として発行されました。緩和ケアの専門家が、日々どのような思考過程を経て、症状緩和や精神的ケアを行っているのかを明らかにしています。


「在宅医療は、実は緩和ケアである」。2006年に在宅医療の世界に足を踏み入れた佐々木は、人が穏やかさを取り戻すためには、情熱だけでなく、「苦痛」を緩和するための知識とスキルが必要だと気づいたと振り返ります。在宅医療のマニュアルとしてもそのまま利用できる同書は、ていねいに臨床推論を重ね、その人が本当に必要とする支援に最短距離でつなぐという、すべての対人援助に共通するメッセージを届けてくれます。ぜひお読みください。


『緩和ケアレジデントの鉄則』

定価:本体3,800円+税

編集:西智弘、松本禎久、森雅紀、山口崇、柏木秀行

https://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=107139





最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.