2020/9/12

テレビ放送のお知らせ(2020年9月12日)

NHK BS1「在宅クライシス〜医療・介護 最前線の闘い〜」は、在宅医療・介護従事者有志によるCOVID-19在宅医療・介護現場支援プロジェクト(https://covid19hc.info)がきっかけで制作されました。医療法人社団悠翔会の佐々木も有志メンバーの一員として、一部出演いたしました。


なお、このプロジェクトは、新型コロナに感染した(または感染が疑われる)患者の在宅での療養支援を継続しようというところから始まったものです。プロジェクトはひとまず完結し、新型コロナの患者さんの療養支援において、必要な感染防御資材が無料で供給できる体制が整いつつあります。

https://www.jvnf.or.jp/covid-19_project2020.html


在宅医療や介護は新型コロナとどう向き合うのか。最前線で戦う専門職へのエールとも言える番組です。


NHK BS1にて9月12日に放映されましたが、9月26日まで(購入期限)NHKオンデマンドで視聴できます。ぜひご覧ください。


ーーーー

新型コロナウィルス流行で困難に直面する在宅医療と在宅介護。高齢者の感染は防げるか。感染者の自宅での看取り(みとり)は可能か。医師、看護師、介護職の最前線を追う。


自宅で療養する人を支える在宅医療や在宅介護。その現場が、感染拡大で深刻な影響を受けている。3密が避けられないためサービスが滞り、高齢者や患者の体調が悪化、家族の疲弊も進む。問題に対処するため、看護師、医師、介護職が垣根を越えチームを立ち上げた。濃厚接触者の訪問看護はどうすべきか。看取り(みとり)が迫る高齢者が発熱した場合どう対処すべきか。最前線追う迫真の取材をもとに徹底議論、第三波に備える道を探る


https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/LRXVQ4NQKP/?fbclid=IwAR3s0hgEX0iIaxzk0vMRQ6jqoNiqClVkdTjRAhTUVsMROKxWZum2-LjEILw


NHKオンデマンド(購入期限:2020年9月26日)

(前編)https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020109752SA000/

(後編)https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020109794SA000/


最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.