2020/9/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第599号)

2020年9月16日発行の週刊高齢者住宅新聞 第599号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第12回 新型コロナが医療機関にもたらしたもの」が掲載されました。


新型コロナの感染拡大は、医療や介護のあり方にも影響を与えています。多くの病院が発熱患者の受け入れ制限を行うなか、在宅から病院へのハードルは高くなりました。一方で、患者側には「何かあれば入院で」から、「できる限り在宅で」という大きな流れが生まれつつあるように思います。特に看取りの近い患者・家族ではその傾向が顕著です。


患者が病院に行く必要を以前ほど感じなくなった今、医療機関には患者の真のニーズをキャッチする努力が求められています。


ぜひお読みください。

https://www.koureisha-jutaku.com/





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.