2020/01/12

インタビュー掲載のお知らせ(「m3.com」)

2021年1月4日から3回にわたり、m3.comの年末年始企画「withコロナ時代の医療」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。


2020年の取り組みを振り返るとともに、2021年の事業展開についてお話しさせていただきました。Vol.1では、コロナ禍でも地域の医療機関として果たすべき役割を果たし、地域医療を守ろうと考えて訪問を続けてきたこと、Vol.2では、事業展開に加えて、アジアの諸外国から得たヒントについても述べています。Vol.3では、コロナ禍での患者さんの意識の変化や、今後の展望について述べました。


ぜひご覧ください。

(なお、配信はm3.comの会員対象となっております)


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.1◆医師55人擁し、逆風のコロナ禍で在宅医療展開

4つの使命掲げ「新型コロナ対応の最前線」として対応

https://www.m3.com/news/iryoishin/854562


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.2◆クリニックは15カ所、総患者数は5000人超

「グレートカンパニー大賞」「アジア健康長寿イノベーション賞」受賞

https://www.m3.com/news/iryoishin/854563


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.3◆コロナ禍で変わる患者、外来・在宅医療は変貌

「病院ではできず、在宅だからこそできること」追求

https://www.m3.com/news/iryoishin/854564


■シリーズ「withコロナ時代の医療~19人の専門家が斬る~」

https://www.m3.com/news/series/iryoishin/11761

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利