2020/01/12

インタビュー掲載のお知らせ(「m3.com」)

2021年1月4日から3回にわたり、m3.comの年末年始企画「withコロナ時代の医療」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。


2020年の取り組みを振り返るとともに、2021年の事業展開についてお話しさせていただきました。Vol.1では、コロナ禍でも地域の医療機関として果たすべき役割を果たし、地域医療を守ろうと考えて訪問を続けてきたこと、Vol.2では、事業展開に加えて、アジアの諸外国から得たヒントについても述べています。Vol.3では、コロナ禍での患者さんの意識の変化や、今後の展望について述べました。


ぜひご覧ください。

(なお、配信はm3.comの会員対象となっております)


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.1◆医師55人擁し、逆風のコロナ禍で在宅医療展開

4つの使命掲げ「新型コロナ対応の最前線」として対応

https://www.m3.com/news/iryoishin/854562


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.2◆クリニックは15カ所、総患者数は5000人超

「グレートカンパニー大賞」「アジア健康長寿イノベーション賞」受賞

https://www.m3.com/news/iryoishin/854563


佐々木淳・悠翔会理事長に聞く

Vol.3◆コロナ禍で変わる患者、外来・在宅医療は変貌

「病院ではできず、在宅だからこそできること」追求

https://www.m3.com/news/iryoishin/854564


■シリーズ「withコロナ時代の医療~19人の専門家が斬る~」

https://www.m3.com/news/series/iryoishin/11761

最新記事

すべて表示

2021/01/20

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第613号) 2021年1月20日発行の週刊高齢者住宅新聞 第613号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「病院・保健所機能は限界に」が掲載されました。 現在、新型コロナ感染の急速な拡大による後方支援病院と保健所の機能破綻は、感染者の入院が困難な状況を引き起

2020/01/15

記事掲載のお知らせ(『総合診療』1月号) 2021年1月15日発売の『総合診療』1月号(医学書院発行)の特集「新型コロナウイルス・パンデミック―今こそ知っておきたいこと、そして考えるべき未来」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事が掲載されました。 実践報告「パンデミックにおける『総合診療』の役割」として、「【在宅・介護施設】COVID-19対応の“最前線”における“防衛

2020/01/07

「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」創設のお知らせと寄付のお願い 昨年4月3日、緊急事態宣言の発令直前に、医療現場や社会的弱者などを支えるために設立された「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」。医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳も、発起人・諮問委員の一人として参加させていただきました。 この基金は、昨年末までに2万人以上から総額約8億7千万円という国内のク

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.