2020/01/15

記事掲載のお知らせ(『総合診療』1月号)

2021年1月15日発売の『総合診療』1月号(医学書院発行)の特集「新型コロナウイルス・パンデミック―今こそ知っておきたいこと、そして考えるべき未来」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事が掲載されました。


実践報告「パンデミックにおける『総合診療』の役割」として、「【在宅・介護施設】COVID-19対応の“最前線”における“防衛線”」をテーマに、当法人が進めてきた取り組みをまとめています。“防衛線”とは、「生命」「生活」「尊厳」の3つを守ること。そのために、これまで患者・家族や介護施設への感染予防教育やスタッフの勤務体制再編、法人内の「新型コロナ対応ガイドライン」作成等を行ってきました。


「総合診療」の役割は、①COVID-19対応の“最前線”を担うこと、②「感染リスク」と「感染予防によるリスク」のバランスを、患者・家族・施設運営者に啓発していくこと、の2つだと考えています。


ぜひお読みください。

https://www.igaku-shoin.co.jp/journal/429





最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利