2020/01/15

記事掲載のお知らせ(『総合診療』1月号)

2021年1月15日発売の『総合診療』1月号(医学書院発行)の特集「新型コロナウイルス・パンデミック―今こそ知っておきたいこと、そして考えるべき未来」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事が掲載されました。


実践報告「パンデミックにおける『総合診療』の役割」として、「【在宅・介護施設】COVID-19対応の“最前線”における“防衛線”」をテーマに、当法人が進めてきた取り組みをまとめています。“防衛線”とは、「生命」「生活」「尊厳」の3つを守ること。そのために、これまで患者・家族や介護施設への感染予防教育やスタッフの勤務体制再編、法人内の「新型コロナ対応ガイドライン」作成等を行ってきました。


「総合診療」の役割は、①COVID-19対応の“最前線”を担うこと、②「感染リスク」と「感染予防によるリスク」のバランスを、患者・家族・施設運営者に啓発していくこと、の2つだと考えています。


ぜひお読みください。

https://www.igaku-shoin.co.jp/journal/429





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.