2020/06/17

記事掲載のご紹介(『週刊高齢者住宅新聞』第588号

2020年6月17日、週刊高齢者住宅新聞 第588号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第9回拡大版 ケアは感染症リスクとどう向き合うか?

」が掲載されました。


新型コロナとの共存は、ここから先、少なくとも1年以上は続きます。どのように付き合っていけばよいのか、今回、医療機関運営者の立場で考えました。


新型コロナは、「完全に防ぐこと」ができない点で、災害に似ています。大切なのは「防災」ではなく、「減災」です。利用者や職員の中に感染者がいたとしても、感染の拡大を最小限に食い止めることが重要となります。新型コロナの二次災害である風評被害を避けるためには、「被災した」ことを地域に隠すのではなく、適切な対応に尽力していることを地域にきちんと伝えていきましょう。


また、過剰な感染防御に傾くことなく、リスクに対するバランス感覚を取り戻すことも求められます。医療介護事業者の社会的使命である、「いかなる状況でも最適なケアを提供し続ける」ために、それを可能とする体制づくりと備えが重要となります。


ぜひご一読ください。

https://www.koureisha-jutaku.com/





最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.