2020/06/17

記事掲載のご紹介(『週刊高齢者住宅新聞』第588号

2020年6月17日、週刊高齢者住宅新聞 第588号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第9回拡大版 ケアは感染症リスクとどう向き合うか?

」が掲載されました。


新型コロナとの共存は、ここから先、少なくとも1年以上は続きます。どのように付き合っていけばよいのか、今回、医療機関運営者の立場で考えました。


新型コロナは、「完全に防ぐこと」ができない点で、災害に似ています。大切なのは「防災」ではなく、「減災」です。利用者や職員の中に感染者がいたとしても、感染の拡大を最小限に食い止めることが重要となります。新型コロナの二次災害である風評被害を避けるためには、「被災した」ことを地域に隠すのではなく、適切な対応に尽力していることを地域にきちんと伝えていきましょう。


また、過剰な感染防御に傾くことなく、リスクに対するバランス感覚を取り戻すことも求められます。医療介護事業者の社会的使命である、「いかなる状況でも最適なケアを提供し続ける」ために、それを可能とする体制づくりと備えが重要となります。


ぜひご一読ください。

https://www.koureisha-jutaku.com/





最新記事

すべて表示

2021/09/09

東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供開始のお知らせ(9月9日) 医療法人社団悠翔会は、東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供を担います。 東京とは、新型コロナの病床ひっ迫を改善するため、本日9月9日から、品川区の「船の科学館」敷地内に、医療機能を強化した宿泊療養施設を設置します。 この施設には新型コロナ患者を37人収容でき、血中酸素飽和度などが常時モニタリ

2021/09/06

記事掲載のお知らせ(「日経メディカル」9月6日) 2021年9月6日、日経メディカル「三和護が迫る『COVID-19の核心』」におきまして、「コロナ患者の往診に、1日で1600万円超の支援金」として、医療法人社団悠翔会が現在行っているクラウドファンディングをご紹介いただきました。 9月3日の開始から1日足らずで1600万円を超える支援金が集まったことについて、理事長・診療部長の佐々木淳の、「自宅療

2021/09/05

記事掲載のお知らせ(「アピタル」9月5日) 2021年9月5日、朝日新聞「アピタル」にて、「コロナ自宅療養者救え 在宅医療専門クリニックが資金集めて往診対応」が掲載されました。 医療法人社団悠翔会が9月3日に開始したクラウドファンディングでは、募集開始後すぐに目標額を達成しましたが、首都圏の各地域で、病院が逼迫した状況は当面続くでしょう。自宅療養を余儀なくされる人、特に入院ができない中等症以上の人