2020/06/17

記事掲載のご紹介(『週刊高齢者住宅新聞』第588号

2020年6月17日、週刊高齢者住宅新聞 第588号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第9回拡大版 ケアは感染症リスクとどう向き合うか?

」が掲載されました。


新型コロナとの共存は、ここから先、少なくとも1年以上は続きます。どのように付き合っていけばよいのか、今回、医療機関運営者の立場で考えました。


新型コロナは、「完全に防ぐこと」ができない点で、災害に似ています。大切なのは「防災」ではなく、「減災」です。利用者や職員の中に感染者がいたとしても、感染の拡大を最小限に食い止めることが重要となります。新型コロナの二次災害である風評被害を避けるためには、「被災した」ことを地域に隠すのではなく、適切な対応に尽力していることを地域にきちんと伝えていきましょう。


また、過剰な感染防御に傾くことなく、リスクに対するバランス感覚を取り戻すことも求められます。医療介護事業者の社会的使命である、「いかなる状況でも最適なケアを提供し続ける」ために、それを可能とする体制づくりと備えが重要となります。


ぜひご一読ください。

https://www.koureisha-jutaku.com/





最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.