2020/06/22

WEB講演会 動画公開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の緊急事態宣言は5月末には、全都道府県で解除されたものの、いまだ陽性事例が各地で報告され、日常診療では気を抜けない状況が続いています。

特に在宅医療では、高齢かつ基礎疾患を持つ患者を対象にすることが多いことから、感染対策や重症化予防などに留意する必要があります。


今回、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、COVID-19 最新情報チャンネル by M3 and Sonyにおきまして「COVID-19対応における在宅医療の役割」というテーマで講演させていただきました。


COVID-19流行が続く中で在宅医療に取り組む際に知っておくべきポイントを解説しています。


60分とやや長めですが、ぜひご覧ください。

なお、配信対象はm3.comの医師会員です。また、公開期間は2020年6月22日(月)14:00~7月21日(火)23:59となっております。ご了承ください。


https://www.m3.com/login?origURL=https%3a%2f%2fmrkun.m3.com%2fmrq%2fwebseminarcampaign%2f0000422037%2f97926%2fmrkunmessage%2fviewDetail.htm%3ffbclid%3dIwAR2OtMS8fpZEmPY4k89t_3uN9VqXnRaFE3IiRlQd8pt4jH6xszXeI1oSzWM

最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.