2020/07/03

記事掲載のお知らせ(「日経メディカル」7月3日)

2020年7月3日、「日経メディカル」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。

COVID-19の在宅医療への影響を評価するため、実施したアンケート調査に関するものです。調査では、同学会の医師会員のうち有効なメールアドレスを登録している2443人を対象に、2020年2月~5月にかけてのCOVID-19による影響をオンライン上で尋ねました。回答数は316件、回収率12.9%。回答者316人が所属する医療機関が在宅療養支援に関わる患者数は5万3401人で、全在宅患者の約10%に相当します。

約3割の在宅医が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療に関与し、COVID-19対応のために在宅医療機関に生じた支出は1カ月当たり316医療機関で約1.5億円──。COVID-19に対して、在宅医は最前線で奮闘してきたことが明らかになりました。

アンケート調査の詳細については、在宅医療連合学会のウェブサイトに紹介されています。 ぜひご覧ください。

https://www.jahcm.org/assets/images/pdf/20200617questionnaire.pdf?fbclid=IwAR0r7qvBMLsF0V-Kp9D2yY5MpSVbSe4SwLrNL-Tv5XRkJ5CNM5pNq7g5mjU


https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/t344/202007/566272.html?fbclid=IwAR2O45_738JaUyexRg1sqiSKMXYYT2lSrvvCH89ugZtgG862elzr4roBS68

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.