2020/07/31

記事掲載のご紹介(『家庭画報』7月号)

2020年7月31日、『家庭画報』(世界文化社発行)7月号「新型コロナウイルス感染症と共存するために~50歳からの心と身体の新習慣」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のインタビュー記事が掲載されました。


新型コロナへの感染リスクを極端に下げようとすると、別のリスクが上がります。外出の機会が減り、社交性が失われると、認知機能や筋力が低下してしまいます。地域の感染状況に応じて新型コロナを「正しく」恐れ、普段に近い生活を維持することが大切です。友人と会う時も、ルールを決めれば感染リスクは限りなくゼロに近づきます。


介護事業所は、徹底した感染予防策を前提に開所しています。同様の観点から、要介護の高齢者は介護サービスの利用を控えないのが得策です。


口腔内の健康の維持、たんぱく質を多めに摂取することなどの重要性についてもまとめました。


ぜひお読みください。

https://www.kateigaho.com/magazine/





最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で