2020/07/31

記事掲載のご紹介(『家庭画報』7月号)

2020年7月31日、『家庭画報』(世界文化社発行)7月号「新型コロナウイルス感染症と共存するために~50歳からの心と身体の新習慣」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のインタビュー記事が掲載されました。


新型コロナへの感染リスクを極端に下げようとすると、別のリスクが上がります。外出の機会が減り、社交性が失われると、認知機能や筋力が低下してしまいます。地域の感染状況に応じて新型コロナを「正しく」恐れ、普段に近い生活を維持することが大切です。友人と会う時も、ルールを決めれば感染リスクは限りなくゼロに近づきます。


介護事業所は、徹底した感染予防策を前提に開所しています。同様の観点から、要介護の高齢者は介護サービスの利用を控えないのが得策です。


口腔内の健康の維持、たんぱく質を多めに摂取することなどの重要性についてもまとめました。


ぜひお読みください。

https://www.kateigaho.com/magazine/





最新記事

すべて表示

2021/09/09

東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供開始のお知らせ(9月9日) 医療法人社団悠翔会は、東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供を担います。 東京とは、新型コロナの病床ひっ迫を改善するため、本日9月9日から、品川区の「船の科学館」敷地内に、医療機能を強化した宿泊療養施設を設置します。 この施設には新型コロナ患者を37人収容でき、血中酸素飽和度などが常時モニタリ

2021/09/06

記事掲載のお知らせ(「日経メディカル」9月6日) 2021年9月6日、日経メディカル「三和護が迫る『COVID-19の核心』」におきまして、「コロナ患者の往診に、1日で1600万円超の支援金」として、医療法人社団悠翔会が現在行っているクラウドファンディングをご紹介いただきました。 9月3日の開始から1日足らずで1600万円を超える支援金が集まったことについて、理事長・診療部長の佐々木淳の、「自宅療

2021/09/05

記事掲載のお知らせ(「アピタル」9月5日) 2021年9月5日、朝日新聞「アピタル」にて、「コロナ自宅療養者救え 在宅医療専門クリニックが資金集めて往診対応」が掲載されました。 医療法人社団悠翔会が9月3日に開始したクラウドファンディングでは、募集開始後すぐに目標額を達成しましたが、首都圏の各地域で、病院が逼迫した状況は当面続くでしょう。自宅療養を余儀なくされる人、特に入院ができない中等症以上の人