2020/08/12

『週刊医学界新聞』対談収録のお知らせ

2020年8月12日、『週刊医学界新聞』の企画において、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、千葉市長の熊谷俊人氏と対談させていただきました。


悠翔会は6月1日、千葉市稲毛区に、千葉県内では3つ目となる悠翔会在宅クリニック稲毛を開設。佐々木が院長を務めています。同世代の自治体・医療法人のリーダーとして、「withコロナ時代に求められるトップとしての手法~未来の地域づくり~」をテーマに、新型コロナへの対応、地域づくりと未来の地域医療、リーダーとしての展望などについて語り合いました。


熊谷氏からは、情報発信の仕方やリスクコミュニケーションの在り方、情報の取捨選択の重要性など、医療機関を運営するうえでのヒントにもなるお話をうかがいました。佐々木からは、新型コロナを“災害”ととらえた“減災”の取り組みや、社会的弱者への対応の必要性などについてお話しさせていただきました。


10月掲載予定です。ぜひお読みください。

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperTop.do





最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利