2020/08/19

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第595号)

2020年8月19日、週刊高齢者住宅新聞 第595号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第11回 いま改めてPCR検査の意義を考える」が掲載されました。


第二波では高齢者ケアの現場に着実に近づいてきている新型コロナですが、PCR検査を免罪符のように考える人がまだまだ少なくありません。今回は、PCR検査の意義について改めて考えました。


「PCR検査の陰性は、非感染を意味しない」「PCR検査の陽性は、感染力を意味しない」「新型コロナの感染力が最大になるのは症状発現前」という3点を理解しておく必要があります。最近ではPCR検査以外にもさまざまな検査が出現しています。「検査さえ陰性なら」という思考停止に陥らないよう、その検査では何がわかるのか、検査結果は何を意味しているのかをしっかりと判断したうえで実施しましょう。


ぜひお読みください。

https://www.koureisha-jutaku.com/






最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.