2020/08/19

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第595号)

2020年8月19日、週刊高齢者住宅新聞 第595号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第11回 いま改めてPCR検査の意義を考える」が掲載されました。


第二波では高齢者ケアの現場に着実に近づいてきている新型コロナですが、PCR検査を免罪符のように考える人がまだまだ少なくありません。今回は、PCR検査の意義について改めて考えました。


「PCR検査の陰性は、非感染を意味しない」「PCR検査の陽性は、感染力を意味しない」「新型コロナの感染力が最大になるのは症状発現前」という3点を理解しておく必要があります。最近ではPCR検査以外にもさまざまな検査が出現しています。「検査さえ陰性なら」という思考停止に陥らないよう、その検査では何がわかるのか、検査結果は何を意味しているのかをしっかりと判断したうえで実施しましょう。


ぜひお読みください。

https://www.koureisha-jutaku.com/






最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.