top of page

2020/08/19

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第595号)

 

2020年8月19日、週刊高齢者住宅新聞 第595号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第11回 いま改めてPCR検査の意義を考える」が掲載されました。


第二波では高齢者ケアの現場に着実に近づいてきている新型コロナですが、PCR検査を免罪符のように考える人がまだまだ少なくありません。今回は、PCR検査の意義について改めて考えました。


「PCR検査の陰性は、非感染を意味しない」「PCR検査の陽性は、感染力を意味しない」「新型コロナの感染力が最大になるのは症状発現前」という3点を理解しておく必要があります。最近ではPCR検査以外にもさまざまな検査が出現しています。「検査さえ陰性なら」という思考停止に陥らないよう、その検査では何がわかるのか、検査結果は何を意味しているのかをしっかりと判断したうえで実施しましょう。


ぜひお読みください。

https://www.koureisha-jutaku.com/






最新記事

すべて表示

在宅緩和ケアのパイオニア・山崎章郎医師のケアタウン小平クリニック承継開業のお知らせ 株式会社ヒューマンライフ・マネジメントが運営サポートを行う医療法人社団悠翔会(本部:東京都港区、理事長:佐々木淳)は、首都圏で最大規模の在宅医療を提供しています。2022年6月1日、同法人は、東京都小平市のケアタウン小平クリニック(前院長・山崎章郎氏)を承継開業いたします。 山崎医師は、在宅緩和ケアのパイオニアです

『悠翔会アニュアルレポート2021』発行のお知らせ このたび医療法人社団悠翔会では、本年1年間の取り組みをまとめた『悠翔会アニュアルレポート2021』を作成いたしました。 悠翔会の診療体制・地域連携体制、診療実績・運営実績等を知っていただくとともに、今後もより良い診療を続けていくための指標とすることを目的としております。 是非ご覧いただけましたら幸甚です。 http://www.yushoukai

東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供開始のお知らせ(9月9日) 医療法人社団悠翔会は、東京都が開設する医療機能強化型宿泊療養施設における医療提供を担います。 東京とは、新型コロナの病床ひっ迫を改善するため、本日9月9日から、品川区の「船の科学館」敷地内に、医療機能を強化した宿泊療養施設を設置します。 この施設には新型コロナ患者を37人収容でき、血中酸素飽和度などが常時モニタリ

bottom of page