2020/09/01

2020年9月21日開催、ウェビナー登壇のお知らせ

2020年9月21日(月・祝)、「Withコロナ時代に求められる認知症の共生と予防」をテーマに開催されるウェビナー「第4回 共に生きる~認知症を考えるセミナー~」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が登壇いたします。


基調講演は、国立長寿医療研究センター理事長の荒井秀典先生です。佐々木は、「認知症の方々が在宅で暮らし続けるために」をテーマにお話しいたします。当事者を交えたパネルディスカッションや、「第61回 輝く! 日本レコード大賞新人賞」受賞を受賞した歌手・海蔵亮太氏によるクロージングセッションなど、盛りだくさんの内容です。ぜひご参加ください。


■日時:2020年9月21日(月・祝)13:00〜15:30(予定)

■開催形態:インターネットでのライブ配信

■お申し込み方法:事前登録制

お申し込みは以下のフォームより(当日まで受け付け)

https://que.digital.asahi.com/question/11002192?cid=nakamaaru


朝日新聞・なかまぁるのFBイベントページ

https://www.facebook.com/events/625817461665212/





最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で