2020/10/10

記事掲載のご案内(週刊『医学のあゆみ』275巻2号)

2020年10月10日、週刊『医学のあゆみ』275巻2号(医歯薬出版発行)の特集「在宅医療2020」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「地域包括ケアシステムと在宅医療―新しい健康観と規範的統合に基づく多職種連携・地域連携」を執筆させていただきました。


生理的機能が回復不可能な高齢者にとって重要なのは、心理社会的機能の回復です。そのためには、われわれの人生や生活は、“病気や障害とともに生きること”も含め、日常生活の活動や社会参加といった大きな概念のなかで捉えるべきとする、国際生活機能分類(ICF)に基づく健康観が重要になります。そして、“病気や障害とともに生きること”を支えるとは、まさに在宅医療のコンセプトでもあります。


在宅医療の役割、地域包括ケアシステムが機能する前提となる規範的統合の必要性、高齢者福祉とは何かなどについて、詳しく述べました。


ぜひお読みください。

https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/






最新記事

すべて表示

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で

2021/04/06

入学案内パンフレットへのメッセージ掲載のご案内 学校法人滋慶学園東京福祉専門学校の「IT医療ソーシャルワーカー科」入学案内パンフレットに、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のメッセージが掲載されました。 同校は2022年4月に、IT×医療×ソーシャルワークでよりよい社会や生活をつくるスペシャリストを養成するための、「IT医療ソーシャルワーカー科」を開講予定です。実践的な学びで、卒業までの

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.