2020/10/12

「30の国際都市における認知症イノベーション準備指数2020」のご紹介

「30の国際都市における認知症イノベーション準備指数2020」がリリースされました。もちろん東京も含まれています。東京のサーベイランス委員として、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳も研究に参加させていただきました。


そのタイトルの通り、世界30都市において、「認知症とともに生きる」が当たり前の時代が来ることに対し、どのような準備が行われているのか、認知症の早期診断・治療・ケア、そして就労を含む生活環境や社会の仕組みづくりなど、さまざまな角度から、その都市の「準備度」を評価するというものです。


東京は介護保険制度など日本の社会設計に支えられている部分に加えて、認知症と地域共生社会に対する独自の取り組みなどで一定の評価を得ています。


同時に、海外の主要都市ではどのようなチャレンジが行われているのかを俯瞰することもできます。


120ページにも及ぶ英文の研究報告書ですが、もしよろしければご覧ください。


https://globalcoalitiononaging.com/wp-content/uploads/2020/10/Dementia-Innovation-Readiness-Index-2020-30-Global-Cities-10.7.20.pdf?fbclid=IwAR1byhxQxNcp81InH22Pq9DojHWjpNInKFB06rOpR6L4su0dzfms2HhOMl4

最新記事

すべて表示

2020/10/21

新型コロナ、どこまでリスク軽減の努力をすべきか 社会的コンセンサスの形成を 2020年10月21日発行の、『週刊高齢者住宅新聞』第603号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第13回 新型コロナの感染対策はいつまでどこまでやればいいのか」が掲載されました。 院内感染が「気の緩み」とされる日本では

2020/10/16

オンラインセミナー登壇のお知らせ(10月31日~11月16日) Care Show Japan オンラインカンファレンス2020「超高齢社会の在宅医療・介護」にて、医療法人悠翔会理事長・診療部長の鈴木淳が「在宅療養支援診療所・15年目のミッション」をテーマに講演させていただくことになりました。 在宅療養支援診療所が定義されてからまもなく15年。人生の最終段階への関心は高まり、地域の在宅医療へのニー

2020/10/10

記事掲載のご案内(週刊『医学のあゆみ』275巻2号) 2020年10月10日、週刊『医学のあゆみ』275巻2号(医歯薬出版発行)の特集「在宅医療2020」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「地域包括ケアシステムと在宅医療―新しい健康観と規範的統合に基づく多職種連携・地域連携」を執筆させていただきました。 生理的機能が回復不可能な高齢者にとって重要なのは、心理社会的機能の

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.