2020/10/12

「30の国際都市における認知症イノベーション準備指数2020」のご紹介

「30の国際都市における認知症イノベーション準備指数2020」がリリースされました。もちろん東京も含まれています。東京のサーベイランス委員として、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳も研究に参加させていただきました。


そのタイトルの通り、世界30都市において、「認知症とともに生きる」が当たり前の時代が来ることに対し、どのような準備が行われているのか、認知症の早期診断・治療・ケア、そして就労を含む生活環境や社会の仕組みづくりなど、さまざまな角度から、その都市の「準備度」を評価するというものです。


東京は介護保険制度など日本の社会設計に支えられている部分に加えて、認知症と地域共生社会に対する独自の取り組みなどで一定の評価を得ています。


同時に、海外の主要都市ではどのようなチャレンジが行われているのかを俯瞰することもできます。


120ページにも及ぶ英文の研究報告書ですが、もしよろしければご覧ください。


https://globalcoalitiononaging.com/wp-content/uploads/2020/10/Dementia-Innovation-Readiness-Index-2020-30-Global-Cities-10.7.20.pdf?fbclid=IwAR1byhxQxNcp81InH22Pq9DojHWjpNInKFB06rOpR6L4su0dzfms2HhOMl4

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利