2020/10/29

対談イベントのご案内(11月19日)

11月19日の夜、Studio-Lの山崎亮さんと西上ありささんと、医療法人社団悠翔会の佐々木の対談イベント「ヘルスプロモーション×コミュニティデザイン」のご案内です。


人はみな、幸せになるために生きています。

幸せな人生を送るために、健康はとても重要です。

しかし、私たちは決して健康でいるために生きているわけではありません。

大切なのは、たとえ治らない病気や障害になったとしても、自分らしく納得して生きられることではないでしょうか。


そのために必要なのは、社会とのつながりです。

つながりの中で、自然と居場所や役割が生まれ、そこに生きがいが見つかる。そんなコミュニティがあれば、誰もが最期まで楽しく幸せに暮らし続けることができるかもしれません。

そして近年、生きがいや社会とのつながりは、生活や人生の幸福度のみならず、その人の生存期間にも影響することが明らかになってきました。


医療や介護は、人を幸せにするための素晴らしい仕事です。しかし、医療や介護だけで人を幸せにすることはできません。どうすれば、すべての人が楽しく幸せに生きられる社会を創ることができるのか。


世界を舞台に活躍するStudio-Lの山崎亮さんと、在宅医療に取り組む佐々木が、同じくStudio-Lの西上ありささんのファシリテートで対談させていただきます。

医療や介護という既存の枠組みにとらわれず、大きく「コミュニティ」の視点から、わたしたちの在り方を俯瞰的に考えてみたいと思います。


超高齢社会を豊かな未来にするためのヒントを一緒に探してみませんか?


参加申し込みはこちらから!

https://peatix.com/event/1575246/

最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.