2020/10/29

対談イベントのご案内(11月19日)

11月19日の夜、Studio-Lの山崎亮さんと西上ありささんと、医療法人社団悠翔会の佐々木の対談イベント「ヘルスプロモーション×コミュニティデザイン」のご案内です。


人はみな、幸せになるために生きています。

幸せな人生を送るために、健康はとても重要です。

しかし、私たちは決して健康でいるために生きているわけではありません。

大切なのは、たとえ治らない病気や障害になったとしても、自分らしく納得して生きられることではないでしょうか。


そのために必要なのは、社会とのつながりです。

つながりの中で、自然と居場所や役割が生まれ、そこに生きがいが見つかる。そんなコミュニティがあれば、誰もが最期まで楽しく幸せに暮らし続けることができるかもしれません。

そして近年、生きがいや社会とのつながりは、生活や人生の幸福度のみならず、その人の生存期間にも影響することが明らかになってきました。


医療や介護は、人を幸せにするための素晴らしい仕事です。しかし、医療や介護だけで人を幸せにすることはできません。どうすれば、すべての人が楽しく幸せに生きられる社会を創ることができるのか。


世界を舞台に活躍するStudio-Lの山崎亮さんと、在宅医療に取り組む佐々木が、同じくStudio-Lの西上ありささんのファシリテートで対談させていただきます。

医療や介護という既存の枠組みにとらわれず、大きく「コミュニティ」の視点から、わたしたちの在り方を俯瞰的に考えてみたいと思います。


超高齢社会を豊かな未来にするためのヒントを一緒に探してみませんか?


参加申し込みはこちらから!

https://peatix.com/event/1575246/

最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で