2020/10/29

対談イベントのご案内(11月19日)

11月19日の夜、Studio-Lの山崎亮さんと西上ありささんと、医療法人社団悠翔会の佐々木の対談イベント「ヘルスプロモーション×コミュニティデザイン」のご案内です。


人はみな、幸せになるために生きています。

幸せな人生を送るために、健康はとても重要です。

しかし、私たちは決して健康でいるために生きているわけではありません。

大切なのは、たとえ治らない病気や障害になったとしても、自分らしく納得して生きられることではないでしょうか。


そのために必要なのは、社会とのつながりです。

つながりの中で、自然と居場所や役割が生まれ、そこに生きがいが見つかる。そんなコミュニティがあれば、誰もが最期まで楽しく幸せに暮らし続けることができるかもしれません。

そして近年、生きがいや社会とのつながりは、生活や人生の幸福度のみならず、その人の生存期間にも影響することが明らかになってきました。


医療や介護は、人を幸せにするための素晴らしい仕事です。しかし、医療や介護だけで人を幸せにすることはできません。どうすれば、すべての人が楽しく幸せに生きられる社会を創ることができるのか。


世界を舞台に活躍するStudio-Lの山崎亮さんと、在宅医療に取り組む佐々木が、同じくStudio-Lの西上ありささんのファシリテートで対談させていただきます。

医療や介護という既存の枠組みにとらわれず、大きく「コミュニティ」の視点から、わたしたちの在り方を俯瞰的に考えてみたいと思います。


超高齢社会を豊かな未来にするためのヒントを一緒に探してみませんか?


参加申し込みはこちらから!

https://peatix.com/event/1575246/

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利