2020/11/01

記事掲載のお知らせ(『おはよう21』12月号)

『おはよう21』2020年12月号(中央法規出版発行)の連載【高齢者の病気と薬の基礎知識】にて、悠翔会在宅クリニック春日部院長の池邉太一が、「感染症」について執筆させていただきました。


インフルエンザ感染症、新型コロナウイルス感染症、ノロウイルス感染症の3つについて、感染経路、症状、診断、治療法、ケアのポイント・注意点をまとめています。


現在も流行の続く新型コロナウイルス感染症に加え、ノロウイルス感染症の流行は毎年10月ごろから始まり、12月をピークに春まで続きます。インフルエンザの流行は毎年冬季です。さまざまな疾患を有する高齢者は若年者と比べて病原体への抵抗力が弱いため、医療・介護の現場では、各病原体の特徴を知り、感染経路別の予防策を講じる必要があります。


2年間にわたる本連載は、今回で最終回となります。中央法規出版のみなさま、貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。


ぜひご一読ください。

https://www.chuohoki.co.jp/magazines/ohayou21/about/


※連載について※

医療法人社団悠翔会の医師がリレー形式にて、みよの台薬局の河井伸朗氏とともに、高齢者によくみられる疾患について、症状や原因、治療法、主な治療薬を解説します。






最新記事

すべて表示

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で

2021/04/06

入学案内パンフレットへのメッセージ掲載のご案内 学校法人滋慶学園東京福祉専門学校の「IT医療ソーシャルワーカー科」入学案内パンフレットに、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のメッセージが掲載されました。 同校は2022年4月に、IT×医療×ソーシャルワークでよりよい社会や生活をつくるスペシャリストを養成するための、「IT医療ソーシャルワーカー科」を開講予定です。実践的な学びで、卒業までの

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.