2020/11/01

執筆原稿掲載のお知らせ(『治療』11月号)

忽那賢志先生にお声がけいただき、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、総合診療医向けの雑誌「治療」の特集に分担執筆の機会をいただきました。


担当させていただいたテーマは「ポストコロナ時代の高齢者介護施設の感染対策のありかた」。主に高齢者介護施設におけるアウトブレイク対策と、感染リスクの考え方について書かせていただきました。


世界ではまだまだ猛威を振るい続ける新型コロナ。第一波での対応を振り返るとともに、明日からでも取れる対策や準備にも焦点をあて、いま現場の医師が一番知りたい情報が満載の特集となっています。


「ポストコロナ時代の診療のありかた」と題された特別座談会では、忽那先生や徳田安春先生がコロナ第1波を振り返るとともに、PCRシーヤ派とスンナ派激論はなんだったのか、アビガン狂想曲などの興味深いテーマが語られています。


武漢チャーター便やクルーズシップの振り返り、数理モデルやクラスター対策、院内感染、プライマリケア、高齢者施設ケア、入院・手術患者へのPCR検査、メンタルケアから、SNS、メディア、経済対策まで、きっとみなさんが「知りたい!」と思うはずのトピックが網羅されています。


ぜひお手にとっていただきたい一冊です。


月刊誌「治療」特集 コロナにまつわるエトセトラ(南山堂)

http://www.nanzando.com/journals/chiryo/

アマゾンはすぐ品切れになってしまうようなので、よろしければ上記よりご注文ください。


南山堂のNOTEもぜひご一読を。

https://note.com/chiryo1920/n/nfb6684c025c8





最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日) 2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。 もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリス

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.