2020/11/01

執筆原稿掲載のお知らせ(『治療』11月号)

忽那賢志先生にお声がけいただき、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、総合診療医向けの雑誌「治療」の特集に分担執筆の機会をいただきました。


担当させていただいたテーマは「ポストコロナ時代の高齢者介護施設の感染対策のありかた」。主に高齢者介護施設におけるアウトブレイク対策と、感染リスクの考え方について書かせていただきました。


世界ではまだまだ猛威を振るい続ける新型コロナ。第一波での対応を振り返るとともに、明日からでも取れる対策や準備にも焦点をあて、いま現場の医師が一番知りたい情報が満載の特集となっています。


「ポストコロナ時代の診療のありかた」と題された特別座談会では、忽那先生や徳田安春先生がコロナ第1波を振り返るとともに、PCRシーヤ派とスンナ派激論はなんだったのか、アビガン狂想曲などの興味深いテーマが語られています。


武漢チャーター便やクルーズシップの振り返り、数理モデルやクラスター対策、院内感染、プライマリケア、高齢者施設ケア、入院・手術患者へのPCR検査、メンタルケアから、SNS、メディア、経済対策まで、きっとみなさんが「知りたい!」と思うはずのトピックが網羅されています。


ぜひお手にとっていただきたい一冊です。


月刊誌「治療」特集 コロナにまつわるエトセトラ(南山堂)

http://www.nanzando.com/journals/chiryo/

アマゾンはすぐ品切れになってしまうようなので、よろしければ上記よりご注文ください。


南山堂のNOTEもぜひご一読を。

https://note.com/chiryo1920/n/nfb6684c025c8





最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.