2020/11/01

執筆原稿掲載のお知らせ(『治療』11月号)

忽那賢志先生にお声がけいただき、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、総合診療医向けの雑誌「治療」の特集に分担執筆の機会をいただきました。


担当させていただいたテーマは「ポストコロナ時代の高齢者介護施設の感染対策のありかた」。主に高齢者介護施設におけるアウトブレイク対策と、感染リスクの考え方について書かせていただきました。


世界ではまだまだ猛威を振るい続ける新型コロナ。第一波での対応を振り返るとともに、明日からでも取れる対策や準備にも焦点をあて、いま現場の医師が一番知りたい情報が満載の特集となっています。


「ポストコロナ時代の診療のありかた」と題された特別座談会では、忽那先生や徳田安春先生がコロナ第1波を振り返るとともに、PCRシーヤ派とスンナ派激論はなんだったのか、アビガン狂想曲などの興味深いテーマが語られています。


武漢チャーター便やクルーズシップの振り返り、数理モデルやクラスター対策、院内感染、プライマリケア、高齢者施設ケア、入院・手術患者へのPCR検査、メンタルケアから、SNS、メディア、経済対策まで、きっとみなさんが「知りたい!」と思うはずのトピックが網羅されています。


ぜひお手にとっていただきたい一冊です。


月刊誌「治療」特集 コロナにまつわるエトセトラ(南山堂)

http://www.nanzando.com/journals/chiryo/

アマゾンはすぐ品切れになってしまうようなので、よろしければ上記よりご注文ください。


南山堂のNOTEもぜひご一読を。

https://note.com/chiryo1920/n/nfb6684c025c8





最新記事

すべて表示

2021/05/30

政策提言公開(国際)シンポジウム開催のご報告 2021年5月30日、2018年度トヨタ財団国際助成プログラム「認知症に着目して『地域共生社会』を再定義する」の一環として、政策提言公開(国際)シンポジウムを開催いたしました。 日本と同じく高齢化が進む台湾とともに、汎用性の高い持続可能な「地域共生社会」の具体的モデルを提案し、そのモデルが実際に地域で機能するための支援について議論しました。 今回、トヨ

2021/05/26

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第628号) 2021年5月26日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第628号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会(理事長・佐々木淳)が5月1日に開設した3つのクリニックについて、「悠翔会、沖縄に在支診開設 首都圏から在宅医過疎地域へ」としてご紹介いただきました。 超高齢化と医療過疎化が同時に進行する沖縄本島の南部地域に開設した「くくるホーム

2021/05/20

コメント掲載のお知らせ(「Buzz Feed」2021年5月20日) Buzz Feedに掲載された岩永直子さんの記事「感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を~ALS患者に感染させた例も」の中で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳がコメントしています。 5月18日、一般社団法人日本在宅医療連合学会の新型コロナ対応ワーキンググループ委員を務める佐々木と、NPO法人ALS/