2020/11/02

ヨミドクター記事掲載のお知らせ(「ヨミドクター」11月2日)

医療法人社団悠翔会では、2020年の4月~10月の7か月間における患者さんの死亡場所は在宅が539人、病院が208人でした。19年の同時期は在宅が364人、病院が197人でした。比較すると、亡くなられた方が大幅に増加、しかも増加分のほとんどが在宅死であり、在宅で亡くなられた方は約50%も増加しています。


病院や地域から紹介されて在宅医療が始まった方の数も、2割以上増加。看取りを前提に自宅に帰ってこられた方も相当数おられたのかもしれません。


このような変化は、コロナ禍における一時的なものではないと思います。外来通院している患者さんも、在宅療養している患者さんも、これまで当たり前だと思っていたことが、必ずしもそうではないことに気づきつつある。そして、医療機関との新しい付き合い方を模索しているように感じます。


そんなコロナ禍での在宅医療を取り巻く状況の変化を考えてみました。ヨミドクターの「訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る」に掲載された、「新型コロナで、在宅の看取りが大幅に増加……医療との付き合い方が変わる」(11月2日)、よろしければぜひご一読ください。


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20201030-OYTET50000/?catname=column_sasaki-jun&fbclid=IwAR1Isdh3BNTkdB6n20A0aVxrs2dk1kbC76cke9vkNnMhXSViGiNP6ZvJZs8

最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

記事掲載のお知らせ(『東京新聞』『中日新聞』2月2日) 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の「安全な外食」に関する提案を、「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」として、記事に取り上げていただいています。 ぜひご一読いただければと思います。 -------------------------- 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる場面として、国が繰り返し注意を促してきた飲食。今回

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.