2020/11/03

講演のご案内(11月9日)

高齢者住宅新聞社の開催するオンラインイベント「住まい×介護×医療サミット」。業界の有識者を多数招き、5日間に渡って介護・医療の最新情報を無料でお届けするプログラムです。


サミットでは経営戦略、次期介護保険制度改正の行方、IT・IoT、人材採用・教育などについての学びの場が提供されます。


医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳は、初日・11月9日の15:40より、認知症ケアをテーマに講演をさせていただきます。

【D-1】 15:40 - 16:30

認知症と地域包括ケアシステム・地域共生社会 ~「誰もがいつかは認知症になる」という前提でケアの形を考える~


これまで医療や介護の現場では、認知症の「症状」に対し、いわば「対症療法」を重ねてきました。しかし、その治療は誰のために行われているのでしょうか。そしてそれは、真の課題解決になっているのでしょうか。認知症の「原因」は何なのか。予防や治療に関する最新の知見も踏まえた上で、認知症に対する最適なケアの形を考えます。


ぜひご参加ください。


会期:2020年11月9日(月)~13日(金)

時間:11:00~17:00(オンライン開催)

費用:無料・全33講座

主催:高齢者住宅新聞社

https://www.facebook.com/events/651505975553732/

最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/20

「homis Nursee」が専門紙で紹介されました 2021年4月20日、『九州医事新報・中四国・関西医事新報・東海関東医事新報』(九州医事新報社発行)におきまして、株式会社ヒューマンライフ・マネジメントが開発・販売する訪問看護記録システム「homis Nursee」が紹介されました。 「homis Nursee」は、訪問看護記録を起点に、スタッフ間の信頼・連帯感を高め、効果的な人材育成をサポー

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人