2020/11/03

講演のご案内(11月9日)

高齢者住宅新聞社の開催するオンラインイベント「住まい×介護×医療サミット」。業界の有識者を多数招き、5日間に渡って介護・医療の最新情報を無料でお届けするプログラムです。


サミットでは経営戦略、次期介護保険制度改正の行方、IT・IoT、人材採用・教育などについての学びの場が提供されます。


医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳は、初日・11月9日の15:40より、認知症ケアをテーマに講演をさせていただきます。

【D-1】 15:40 - 16:30

認知症と地域包括ケアシステム・地域共生社会 ~「誰もがいつかは認知症になる」という前提でケアの形を考える~


これまで医療や介護の現場では、認知症の「症状」に対し、いわば「対症療法」を重ねてきました。しかし、その治療は誰のために行われているのでしょうか。そしてそれは、真の課題解決になっているのでしょうか。認知症の「原因」は何なのか。予防や治療に関する最新の知見も踏まえた上で、認知症に対する最適なケアの形を考えます。


ぜひご参加ください。


会期:2020年11月9日(月)~13日(金)

時間:11:00~17:00(オンライン開催)

費用:無料・全33講座

主催:高齢者住宅新聞社

https://www.facebook.com/events/651505975553732/

最新記事

すべて表示

2021/02/17

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第617号) 2021年2月17日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第617号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「在宅医療の新たな役割」が掲載されました。 新型コロナの第三波では、発熱患者の診断は地域医療機関の役割となりました。地域の在宅医たちも、自らが感染拡大

2021/02/15

記事掲載のご紹介(『老施協』2月号) 2021年2月15日、『老施協』(公益社団法人全国老人福祉施設協議会発行)で日本総合研究所の紀伊信之さんが連載されている「図解 福祉のかたち」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「人生の最終段階のケアは介護職主導が望ましい」をテーマにお話しさせていただきました。 日本では現在、8割近い方が病院で亡くなっています。こうした状況を変えるた

2021/02/03

ウェブインタビュー記事公開のお知らせ 新型コロナウイルス感染症は、いまだ人々の生活や心に恐れや不安といった影を落としています。 この長期的な闘いを支えるべく、READYFORは公益財団法人東京コミュニティー財団と協同で、2020年4月に「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」(コロナ基金)を設立。広く寄付を募ってきました(12月31日をもって終了)。 そして1月8日、約9ヶ月間走り続けたコロ

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.