2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日)

2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。


もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリスク要因でした。そこに面会制限や院内感染に対する警戒感が加わり、入院を忌避する傾向が明らかに強くなりました。


特に人生の最終段階、家族と会えずに過ごさざるを得ないことの不合理さは、当事者にとっては非常に大きいと思います。


そのような状況から、これまでは「在宅医療ではできないが病院でできること」にフォーカスしがちだった家族や地域の介護専門職も、「病院でなければできないこと、病院ではできないこと」をじっくりと考えてから、病院受診や入院を判断するようになりつつあるように感じます。


病院と地域の関係性。

これは一時的なものなのでしょうか。

それとも、これを機に、大きく変化していくのでしょうか。

私たち自身もじっくりと注視していきたいと思います。


ぜひお読みください。

https://toyokeizai.net/articles/-/387127


最新記事

すべて表示

2021/03/02

記事掲載のご紹介(『News week日本版』3日2日号) 『News week日本版』2021年3日2日号(CCCメディアハウス発行)の「ルポ 新型コロナ 医療非崩壊~こうして彼らは医療崩壊を防いだ」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 新型コロナ感染拡大の第3波にある日本で、わたしたちは「専門家の解明によって既知の感染症になった新型コロナは、自

2021/03/01

記事掲載のお知らせ(『CLINICばんぶう』3月号) 2021年3月1日発行の『CLINICばんぶう』3月号(日本医療企画発行)、「特別対談 在宅医療のキーマン2人が語る ポストコロナの在宅医療~その展望と診療所経営のあり方」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、医療法人社団裕和会理事長の長尾和宏先生と対談させていただきました。 医師のマネジメントについては、佐々木が一人で

2021/02/26

記事掲載のお知らせ(『週刊ポスト』2月26日) 2021年2月26日発行の『週刊ポスト』(小学館発行)、「コロナ禍で患者と家族に寄り添う医療現場最前線 密着ルポ 在宅医療の日常」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が取材していただきました。 在宅医療の役割は、患者さんに残された貴重な時間を見守り、納得できる人生の幕引きをお手伝いすること。「もう十分生きたから、最期くらい自分ら

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.