2020/11/11

記事掲載のお知らせ(「東洋経済オンライン」11月11日)

2020年11月11日、「東洋経済オンライン」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長、佐々木淳のインタビュー記事「高齢者たちが『病院での死』を選ばない複雑背景―コロナ後も自宅での最期を選ぶ患者が増えるか―」が掲載されました。


もともと高齢者にとって、入院そのもの(入院に伴う環境変化のストレスと食事制限・活動制限)が心身の機能低下の大きなリスク要因でした。そこに面会制限や院内感染に対する警戒感が加わり、入院を忌避する傾向が明らかに強くなりました。


特に人生の最終段階、家族と会えずに過ごさざるを得ないことの不合理さは、当事者にとっては非常に大きいと思います。


そのような状況から、これまでは「在宅医療ではできないが病院でできること」にフォーカスしがちだった家族や地域の介護専門職も、「病院でなければできないこと、病院ではできないこと」をじっくりと考えてから、病院受診や入院を判断するようになりつつあるように感じます。


病院と地域の関係性。

これは一時的なものなのでしょうか。

それとも、これを機に、大きく変化していくのでしょうか。

私たち自身もじっくりと注視していきたいと思います。


ぜひお読みください。

https://toyokeizai.net/articles/-/387127


最新記事

すべて表示

2020/11/13

セミナー開催のご報告 2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。 高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない

2020/11/6

生活困窮者自立支援全国研究交流大会での講演のお知らせ(11月15日) 2020年11月15日(日)、「コロナウイルス禍のクライシスに抗い、つながりを紡ぎ生きる希望を(住民と)共に生みだそう」をテーマにオンラインで開催される第7回生活困窮者自立支援全国研究交流大会で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が講演いたします。 生活困窮者は健康寿命も平均余命も短く、高齢者の占める割合も高くなってい

2020/11/06

シンボルマーク刷新のお知らせ 株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、医療法人社団悠翔会の診療をサポートしております。 医療法人社団悠翔会のシンボルマークが14年ぶりに少し新しくなりました! ちなみに悠翔会の創設以来、走り続けている彼の名前は「ゆうと君」です。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.