2020/11/13

セミナー開催のご報告

2020年11月13日、学研ココファンの職員の方を対象としたセミナーを開催しました。医療法人社団悠翔会の理事長・診療部長の佐々木淳が、院長を務める悠翔会在宅クリニック稲毛から、「介護施設で行うべき感染症対策(インフルエンザ、新型コロナ)」をテーマに講演させていただきました。


高齢者施設を「安全地帯」にするためには、職員のみなさんが新型コロナを「持ち込まない」「もらいに行かない」、そして「症状のある職員の出勤停止を徹底」する必要があることや、年末に向け、安全に楽しむための具体的な方法を説明しました。


人と会う機会が減ることで、高齢者の心身機能は低下していきます。最も大切である「人とのつながり」を切ってしまわない、バランス感覚をもったケアが必要です。過度に恐れることのないよう、新型コロナについてよく知ってほしいとお伝えしました。





最新記事

すべて表示

2021/01/20

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第613号) 2021年1月20日発行の週刊高齢者住宅新聞 第613号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「病院・保健所機能は限界に」が掲載されました。 現在、新型コロナ感染の急速な拡大による後方支援病院と保健所の機能破綻は、感染者の入院が困難な状況を引き起

2020/01/15

記事掲載のお知らせ(『総合診療』1月号) 2021年1月15日発売の『総合診療』1月号(医学書院発行)の特集「新型コロナウイルス・パンデミック―今こそ知っておきたいこと、そして考えるべき未来」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事が掲載されました。 実践報告「パンデミックにおける『総合診療』の役割」として、「【在宅・介護施設】COVID-19対応の“最前線”における“防衛

2020/01/12

インタビュー掲載のお知らせ(「m3.com」) 2021年1月4日から3回にわたり、m3.comの年末年始企画「withコロナ時代の医療」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 2020年の取り組みを振り返るとともに、2021年の事業展開についてお話しさせていただきました。Vol.1では、コロナ禍でも地域の医療機関として果たすべき役割を果たし、地域医

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.