2020/11/25

講演のお知らせ(12月7~13日)

2020年12月7日(月)〜13日(日)にオンデマンド配信される「第33回 日本総合病院精神医学会総会」に、医療法人社団悠翔会精神科医師の中野輝基がシンポジストの一人として登壇させて頂いています。


無床総合病院精神科医がこれからの医療政策を考えながら、地域包括のなかでどのようにしていけば良いのか、ということについて、それぞれの活動とともに問題点等を語り合いました。


自殺対策;杉澤淳子先生(千葉県救急医療センター)

周産期メンタルヘルス;齋藤円先生(市立ひらかた病院)

在宅診療における精神科医療;中野輝基(医療法人社団悠翔会)

医療政策の観点から(総括);臼杵理人先生(一般社団法人日本うつ病センター)


岡島美朗先生(自治医科大学さいたま医療センター)の進行によるシンポジスト同士のディスカッションも収録されているとのことです。ぜひ、ご覧ください。


以下からダイジェスト版がご覧いただけます。

https://www.facebook.com/watch/jsghppr/


第33回 日本総合病院精神医学会総会

http://www2.issjp.com/jsghp2020/outline.html




最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利