2020/12/08

医療法人社団悠翔会業績報告会×在宅医療カレッジ2020年末特別企画開催のお知らせ

佐々木淳が悠翔会の前身となる最初の在宅療養支援診療所を開設したのは今から14年前、2006年。奇しくも在宅療養支援診療所が定義された、まさにその年でした。


日本の高齢化率はちょうど20%を超え、「高齢化社会」から「超高齢社会」へ移行しつつありました。


患者や家族と死を直接的に語り合うことが避けられていたころです。認知症を「痴呆」と呼ぶ専門職はまだまだ多く、レビー小体型認知症の存在は誰も知らず、多くの高齢者は胃瘻をつけて病院から退院し、そうでない人も「終末期」を点滴と吸引で過ごしていました。


それからもうすぐ15年。


日本の高齢化率は28%を超え、「超高齢社会」を卒業した?世界で最初の国になりました。


「終末期」は「人生の最終段階」と呼び方が変わり、人々は「生かされる人生」を嫌い、「死に方」を選びたいと考えるようになりました。胃瘻は極端に忌避され、点滴をしない看取りが一般的になってきました。認知症ケアは抑制や薬物投与よりも、環境と人間関係がより重要だと理解する人も増えました。


しかし、医療と介護の連携、病院と地域の連携はいまだにぎこちなく、後期高齢者の救急搬送は増加の一途、在宅での看取りは思うように伸びず、孤独死など警察による検案死も増加しています。社会保障財源は厳しさを増し、人手不足も顕在化、地域共生社会の実現も道半ばです。


いまから15年後。

社会の担い手の主力は平成世代にシフトし、団塊ジュニアが徐々に高齢者に移行していく2035年。


日本の在宅医療・高齢者ケアはどうなっているのでしょうか。

いや、どうなっていなければならないのでしょうか。


毎年年末に開催している医療法人社団悠翔会の業績報告会×在宅医療カレッジ特別企画シンポジウム。

今年は、20~40代の5人のビジョナリーな若手リーダーとともに、ディスカッションを通じて、いまから15年後、2035年の在宅医療や高齢者ケアの未来像を明確に言語化し、参加者のみなさんと共有したいと思います。


わたしたち自身も、創設15年目の悠翔会のこれまでを振り返るとともに、これからの15年、2035年に向けて、具体的なビジョンを描いてみたいと考えています。


時の流れに身を任せ、流れついた先の未来か。

自ら進む方向を定め、仲間とともに目指す未来か。


あなたはどちらを選びたいですか?


12月9日(水曜日)18:45~on Zoom。

いよいよ明日となりました。

ぜひご参加ください!

お申込みは下記より。

なお、メディア関係者の方は個別にメッセージいただけましたら幸いです。


https://zaitaku2035.peatix.com/





最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利