2020/12/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第611号)

2020年12月16日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第611号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「胃瘻は延命治療の道具ではなく栄養治療の手段の一つ」が掲載されました。

「作るのも外すのも大変」と思われている胃瘻ですが、実はどちらも簡単です。「胃瘻=延命治療の道具」と思っている人も多いのですが、胃瘻は本来、「栄養治療」のための手段の一つ。片側性の脳血管障害の場合、摂食嚥下機能は失われないこと、胃瘻を使った適切な栄養管理により全身状態は改善されること、十分に経口摂取ができない状態でリハビリを進めても効果は望めないことなどを説明しました。

胃瘻をしっかり使いこなすことで、QOLも生命予後も改善します。本人の「食べたい」という思いや、摂食機能の回復の可能性を見逃さないことが重要です。

ぜひお読みください。 https://www.koureisha-jutaku.com/




最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利