2020/12/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第611号)

2020年12月16日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第611号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「胃瘻は延命治療の道具ではなく栄養治療の手段の一つ」が掲載されました。

「作るのも外すのも大変」と思われている胃瘻ですが、実はどちらも簡単です。「胃瘻=延命治療の道具」と思っている人も多いのですが、胃瘻は本来、「栄養治療」のための手段の一つ。片側性の脳血管障害の場合、摂食嚥下機能は失われないこと、胃瘻を使った適切な栄養管理により全身状態は改善されること、十分に経口摂取ができない状態でリハビリを進めても効果は望めないことなどを説明しました。

胃瘻をしっかり使いこなすことで、QOLも生命予後も改善します。本人の「食べたい」という思いや、摂食機能の回復の可能性を見逃さないことが重要です。

ぜひお読みください。 https://www.koureisha-jutaku.com/




最新記事

すべて表示

2021/01/20

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第613号) 2021年1月20日発行の週刊高齢者住宅新聞 第613号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「病院・保健所機能は限界に」が掲載されました。 現在、新型コロナ感染の急速な拡大による後方支援病院と保健所の機能破綻は、感染者の入院が困難な状況を引き起

2020/01/15

記事掲載のお知らせ(『総合診療』1月号) 2021年1月15日発売の『総合診療』1月号(医学書院発行)の特集「新型コロナウイルス・パンデミック―今こそ知っておきたいこと、そして考えるべき未来」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事が掲載されました。 実践報告「パンデミックにおける『総合診療』の役割」として、「【在宅・介護施設】COVID-19対応の“最前線”における“防衛

2020/01/12

インタビュー掲載のお知らせ(「m3.com」) 2021年1月4日から3回にわたり、m3.comの年末年始企画「withコロナ時代の医療」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 2020年の取り組みを振り返るとともに、2021年の事業展開についてお話しさせていただきました。Vol.1では、コロナ禍でも地域の医療機関として果たすべき役割を果たし、地域医

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.