2020/12/16

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第611号)

2020年12月16日発行の『週刊高齢者住宅新聞』第611号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「胃瘻は延命治療の道具ではなく栄養治療の手段の一つ」が掲載されました。

「作るのも外すのも大変」と思われている胃瘻ですが、実はどちらも簡単です。「胃瘻=延命治療の道具」と思っている人も多いのですが、胃瘻は本来、「栄養治療」のための手段の一つ。片側性の脳血管障害の場合、摂食嚥下機能は失われないこと、胃瘻を使った適切な栄養管理により全身状態は改善されること、十分に経口摂取ができない状態でリハビリを進めても効果は望めないことなどを説明しました。

胃瘻をしっかり使いこなすことで、QOLも生命予後も改善します。本人の「食べたい」という思いや、摂食機能の回復の可能性を見逃さないことが重要です。

ぜひお読みください。 https://www.koureisha-jutaku.com/




最新記事

すべて表示

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

2021/3/20

記事掲載のお知らせ(『介護ビジョン』4月号) 2021年3月20日発行の『介護ビジョン』4月号(日本医療企画発行)におきまして、第3回介護ビジョン版介護給付費分科会最終レポート「介護を考えることが新しい社会をつくるカギとなる」が掲載されました。2020年10月、11月に続き、今年2月に開催された最終回での議論が紹介されています。 事務局が提示したシナリオ案は、 A:社会関係資本は構築されており、社

2021/03/19

ウェブ掲載のお知らせ(「がんナビ」) がん情報サイト「がんナビ」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の取材記事が掲載されました。 がんの患者さんでも、40歳以上であれば介護保険による在宅医療を受けることができますが、介護保険の申請には時間を要します。いざというとき慌てなくても済むよう、がんの特徴や、介護保険の申請を考慮すべきタイミングについてお話ししました。 申請の目安としては、体重の

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.