2021/05/19

コメント掲載のお知らせ(「医療プレミア」2021年5月19日)

2021年5月19日、毎日新聞の医療プレミアに掲載された、ノンフィクションライター・中澤まゆみさんの連載「最期まで私らしく~知っておきたい 在宅の医療・ケア~」、「寝たきりにさせない食事」に、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが掲載されました。


在宅患者の半数は低栄養状態にあります。当法人が2011年から2014年にかけて行った新規在宅患者の栄養評価では、9割が「低栄養者」あるいは「低栄養リスク者」で、そのほぼ全員が、低栄養に加え、サルコペニアとフレイルを抱えていました。栄養ケアに力を入れ、「低栄養+サルコペニア+フレイル」の負のサイクルをきちんとケアすることは、緊急入院の原因となる誤嚥性肺炎と骨折の予防にもつながります。


後期高齢者になってから塩分を制限しても、死亡リスクは2%ほどしか下がりません。肺炎と骨折で入退院を繰り返し、その都度要介護度が悪化して、最後は病院で亡くなることを防ぐには、「おいしい」と思えるものをしっかり食べて体重と筋肉を守ることが大切です。


ぜひお読みください。※全文を読みいただくには、会員登録が必要となります。

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20210514/med/00m/100/001000c?fbclid=IwAR3jbGVspU116eWcRQmhUVyW32FxPY_fiYrLd57r6jtYPvEUa2svnXMuKh4

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利