2021/05/20

コメント掲載のお知らせ(「Buzz Feed」2021年5月20日)

Buzz Feedに掲載された岩永直子さんの記事「感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を~ALS患者に感染させた例も」の中で、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳がコメントしています。


5月18日、一般社団法人日本在宅医療連合学会の新型コロナ対応ワーキンググループ委員を務める佐々木と、NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会代表の川口有美子さんは、重度障害者の自立生活を支援する5団体を代表して、自民党幹事長代行の野田聖子氏に要望書を提出しました。在宅の重度障害者やヘルパーへの、新型コロナウィルス感染症ワクチンの優先接種を求めたものです。


重度障害者のケアは個別性が高いうえ、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアを行えるヘルパーは常に不足しており、代わりがいないのが現状です。それにもかかわらず、特殊なマスクなどを用意する経済的な余裕がないなかで医療的ケアを行っているため、濃厚接触にならざるを得ません。ワクチン接種は最優先であるべきだと思います。


変異ウイルスの蔓延で、感染リスクや重症化リスクはますます高まっています。柔軟な対応で、リスクの高い人に早く届けられるように動いてほしいとお話ししました。


ぜひお読みください。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-helper

最新記事

すべて表示

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『病院新聞』2658号) 2021年7日1日発行の『病院新聞』2658号(株式会社病院新聞社発行)におきまして、GEヘルスケア・ジャパン「Vscan Air」記者発表会で行った、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の講演が紹介されました。 高性能のポケットエコー出現により、在宅患者の急変に対処できない事例は10%未満に減りました。医師の診療能力が強化されることは、患者の利