2021/7/12

訪問看護で記録システムを全面導入

評価の標準化や残業時間の半減に効果

2021年7月10日発行『日経ヘルスケア』7月号(日経BP発行)の「FOCUS 経営戦略」におきまして、弊社が開発したクラウド型訪問看護師記録システム「homis Nursse(ホーミスナーシー)」を導入する株式会社ツクイへのインタビュー記事が掲載されました。


ツクイでは2018年から本格的に訪問看護ステーションの全国展開を開始。現在、全国で14カ所の訪問看護ステーションを運営しています。今回、「homis Nursee」を全拠点に導入。「homis Nursee」の特徴であるオマハシステム(米国オマハ市の訪問看護協会開発の看護診断)により、看護プロセスの可視化が可能となりました。また、看護の質の向上みならず、クラウド型の特徴を活かしタイムリーな情報

共有が可能となり、結果として残業時間の短縮などの業務効率化につながったことが紹介されています。


ぜひお読みください♪

https://medical.nikkeibp.co.jp/all/info/mag/nhc/





最新記事

すべて表示

2021/07/21

クラウド型電子カルテ「homis」とクロスログ株式会社の提供する在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」API連携実現のお知らせ 株式会社ヒューマンライフ・マネジメントは、開発・販売を行うクラウド型電子カルテ「homis」におきまして、在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を提供するクロスログ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮原 智新)とAPI連携を実現致し

2021/07/06

ラジオ出演のお知らせ(オトハルラジオ) 2021年7月7日(水)21時から、40代、50代のココロとカラダと暮らしを応援する「一般社団法人 オトナ思春期をデザインするプロジェクト(通称 オトハル)」のオトハルラジオ『三三五五』に医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が出演いたします。 6月30日(水)に続き、7月7日(水)は第2回目の出演になります(全3回出演)。 第2回目は、在宅医療の存在

2021/07/01

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号) 2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。 多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)