2021/01/05

記事掲載のお知らせ(『コミュニティケア』2月号)

2021年1月5日、『コミュニティケア』2月号(日本看護協会出版会)の特集「高齢者ケア施設におけるCOVID-19の感染対策とケアの両立」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の記事「入居者の暮らしを支えるための感染管理のあり方」が掲載されました。


要介護状態の高齢者が集住する高齢者ケア施設での感染管理の基本を、一次予防(ウイルスの持ち込みリスクの最小化)、二次予防(感染者の早期発見による感染拡大の最小化)、三次予防(クラスタ―発生による風評被害を含む二次被害の最小化)の三段階で整理しています。


以前から積極的な感染管理が行われてきた日本では、高齢者ケア施設入居者のCOVID-19による死亡者数は、諸外国と比較してかなり抑えられています。“暮らしの場”である高齢者ケア施設での感染管理の位置づけについては、リスクの選択という視点から、国民的なコンセンサスの形成が求められることを指摘しました。


ぜひお読みください。

https://www.jnapc.co.jp/products/list?category_id=3




最新記事

すべて表示

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で

2021/04/06

入学案内パンフレットへのメッセージ掲載のご案内 学校法人滋慶学園東京福祉専門学校の「IT医療ソーシャルワーカー科」入学案内パンフレットに、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のメッセージが掲載されました。 同校は2022年4月に、IT×医療×ソーシャルワークでよりよい社会や生活をつくるスペシャリストを養成するための、「IT医療ソーシャルワーカー科」を開講予定です。実践的な学びで、卒業までの

2021/4/2

新入職員のオリエンテーションを行いました 2021年4月2日、悠翔会では新入職員のオリエンテーションを行いました。昨年に続き、今年もオンラインでの開催となりました。 午前は、在宅医療をテーマにした映画『ピア』を視聴。理事長の佐々木が、在宅医療のもつ社会背景を説明しました。午後は、悠翔会が実際に提供しているサービスについて佐々木が講義を行ったのに続き、オンラインでのグループワークを行いました。 グル

Copyright © Human Life Management Inc. All Rights Reserved.