2021/01/28

講演のご報告

2021年1月23日、学研ココファン・ナーシング主催の、看護師、ケアマネジャー、介護職を対象としたセミナーにおきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が、「医師が求める、訪問看護師の役割」をテーマに講演いたしました。


医師は医学モデルの専門家ですが、看護師は、医学モデルの専門家であると同時に生活モデルの専門家です。そして、地域モデルの実践者でもあります。地域の機能やコミュニティをゆるやかにつなぐ地域モデルの実践者として、その中心的役割を果たしてほしいとお伝えしました。


今後、理想だと考えるのは、地域で医療が担う部分を縮小する代わりに、訪問看護や介護が担う部分を拡大したかたちです。施設看護師や訪問看護師など病院以外に所属する方たちが、責任と権限をもって働けるようにしていくことが重要だと考えます。


週末にもかかわらず参加してくださった80名弱のみなさま、ありがとうございました。




最新記事

すべて表示

2021/04/21

記事掲載のお知らせ(『週刊高齢者住宅新聞』第624号) 2021年4月21日発行の週刊高齢者住宅新聞 第624号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「高齢者の病院医療の在り方」が掲載されました。 高齢者が入院し、外傷や手術、急性感染症による強い炎症と戦うためには、栄養ケアが欠かせません。しかし、誤

2021/04/14

記事掲載のご案内(『読売新聞』4月14日) 2021年4月14日、読売新聞夕刊の大阪本社発行エリア(近畿、山口県を除く中国、四国、福井県)版におきまして、コロナ禍で在宅看取りが増加していることを紹介した記事「最期 家族と一緒に」に医療法人社団悠翔会の取り組みが掲載されました。 新型コロナ感染予防のために医療機関などでの面会が制限されるなか、家族の最期の時間を一緒に過ごし、自宅で看取りたいと考える人

2021/04/10

記事掲載のお知らせ(『The Japan Times』4月10日) 2021年4月10日発行の『The Japan Times』におきまして、医療法人悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳のコメントが「The changing face of medical care for Japan's older residents amid COVID-19」に掲載されました。 新型コロナの影響で、高齢者施設で